いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

銀行もいよいよ斜陽産業傾向強まってきたと実感したある数字

ついにメガバンクにもやってきた大規模な人員計画の見直し!!

 

最近これは私の中で気になったニュース。

 

いよいよ銀行業界も斜陽産業感極まれしというか。

 

そんな私の出身銀行も当然のように関係ない話ではないでしょう。

ということで、某地方銀行の従業員数推移を調べてみましたよ!!

 

従業員数の比較

私が退職した当時の人員数は800人を超えていて、その時は健康保険も健康保険組合だった記憶がありましたが、今ではその800人を割り込み、私が今働いている職場の従業員数とほぼ変わらない水準まで従業員数が減少している。

反面、私が今働いている職場の従業員数は入社当初から比べるとおよそ1.3倍に拡大。

業界の特徴として労働集約型の産業であり、年々市場が拡大している業界であるのもあるが、とにかく良くも悪くも人は増え続けている。

 

もともと、銀行員の業務自体がシステム化し易い業務が多いので、それまで人の手で行っていたことをシステムが解決してくれるようになったというのは従業員数が減少している大きな理由の一つでしょうけど、それであれば、効率化されてきた分、銀行自体の最終的な利益は拡大傾向に会っても良いはず。

なぜなら、企業において人件費は一番の費用割合なので・・・。

 

しかし!従業員が減少している一方であるはずなのに利益は拡大していっていない。

これって・・・。

 

個人的な推測として・・・

人員を削減して、効率化を進めて、出来る限り在職している従業員の平均給与水準を落とさないようにしているが、収益の伸びがそこに追いついてこない。

結果、世間的には高い水準に有る平均給与を維持するのに精一杯で、いかにソフト・ランディングしていくのかを模索中。

いや、それ以上に有力地銀同士の合併や急激に進むフィンテックの状況を見ていると、これまでと同じ領域でいつまでも売上を立てていけると考えるのは危険と言わざるをえない。

もともとこのブログを始めた2年前でさえも銀行も大変な時期に突入してきた感がでていたけれど、最近の動きはいよいよと言わざるをえないくらいにまで激しく動いてきているのは、ビンビンと伝わってくる。

 

その斜陽産業化の傾向として従業員数の減少は明らかに見て取れる減少の一つ。

勢いのない業界から人は出ていく一方なのだ!!

 

きっとこれからもこの傾向は続くことでしょう。

なぜなら、もう銀行の役割は減少していく一方だから。

 

まとめ

有力な企業だけではなく、地方の個人零細、中小企業にも融資できる地方の金融機関が必要という人もいるでしょうが、資金の調達は地方の金融機関だけに頼らずとも、その資金調達手段はこれからもさらに拡大していく。

地元に本店、支店があるからではなく、より有利に調達できて、さらに支店がなくても不便を感じない環境がこれから次々と実現していく。

 

地方銀行、これから自分自身の身の振り方をどう考えていくか。

残されている時間はそう長くない。