いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

コードレス掃除機買ったよ!コードレス掃除機は一家に一台あっていいと思う

先日、念願の!?コードレス購入しました!!

 

コレ買ったの!

 

 

 

我が家のはこれの赤。

 

2万円ちょっとのお値段なので、コードレス掃除機としてはお買い得価格の方です。

 

コードレス掃除機の購入についてはこれまで検討に検討を重ねてきました。

今は普通の紙パックで、コードがあって、後ろから本体がついてくるノーマル掃除機使ってたんですけどね、やはり安くて吸引力があるのはノーマル掃除機なんですよ。

 

そのノーマル掃除機の補助的役割を期待してコードレス掃除機を購入したのですが、初めてのコードレス掃除機購入なので慎重に検討を進めたわけで・・。

 

最初に候補入ってきたのはマキタのコードレス掃除機。

  

マキタ充電式クリーナー CL100DW

マキタ充電式クリーナー CL100DW

 

 

アマゾンを見るとやたら評価が高い・・・。

ただし、実物を見てみたいと思い、近くのホームセンターへ。

すると、ありました。

 

感想としては・・・なんかちゃちい・・。

しかも吸込口が掃除機っぽくない。

それもそのはず、そもそも掃除機くくりのものではなく、集塵機扱いのコーナーに置いてあったから。

おそく、工事現場でフローリングなどのつやつやした床のゴミを吸い込むために使うものなんじゃなかろうか。

そう考えると吸込口が通常の掃除機っぽくないのも納得。

とにかく、カーペットなどでは使いにくそうな吸込口だったので、フローリング部分しか使わないような使い方なら良いかもしれないけれど、これでカーペットなどを吸わせるのはどうなのかな・・・。

 

肝心の吸引力の方は、試運転できなかったのですが、アマゾンの評価よりコードレスにして、この価格の割には吸引力も申し分ないとか。

 

・・・とりあえず保留です。

 

そして、次に注目したのが、最初に紹介したシャープのコードレス掃除機。

 

 

なぜシャープのコードレス??

これといった理由はありませんが・・・値段が予算範囲内で、アマゾンの評価が高かったのが理由の一つ。

 

しかも、マキタのコードレス掃除機の吸込口とは異なり、こちらはしっかりと掃除機使用の吸引口。

ローラーが付いてます。

 

あとは、こちらの商品サイクロン式となっております。

 

サイクロン式というと吸引力が弱いという情報を聞いていたのでちょっと気にはなっていたのですが、実際に使ってみると・・・弱いです。

ノーマル式の紙パック掃除機を今まで使用していたのと比べると吸引力は弱いと言わざるをえない。

だけど、全然ゴミ吸わないよ~ってことはなく、さっと家全体を一回このコードレス掃除機で吸わせてみると、しっかりとゴミが集まってました。

 

それから、我が家ではコードレス掃除機ばかり使ってます!!

 

やっぱ、コードがない快適さは癖になる。

今まで後ろから本体がついてきて、柱や部屋の角に本体が引っかかってイライラする精神的負荷、この小さなイライラも積もれば山となる。

このイライラからの精神的な開放感を味わうと、コードレス掃除機一択になりました。

 

ただね、唯一不満なのは、充電満タンから吸引力「強」で使用していると10~15分で電池が切れてしまう。

部屋数だと6畳の部屋が2~3部屋までしか吸えない。

ここだけはちょっと不満。

 

それ以外は満足です。

サイクロン式も初めてでしたが、ゴミが目に見えて確認できて、その場でぱっと捨てれる。

これ意外と良い!

紙パックだと中身が見えないので、つい紙パックの交換が面倒になっていつまでもそのままにしがちだったのですが、サイクロン式は目に見えるので、一回使ったら毎回ゴミを捨てる習慣がつきます。

その方が衛生的だよね。

 

それに、毎回ゴミの量が確認できるので、ゴミの量が確認できると掃除した感に浸れる。

本当は紙パック式の方がゴミを集めてくれているのかもしれませんが、実際に一回の掃除機でどれだけゴミを集められたか目で確認できるのは気持ちの点で良い!

 

また、車の室内清掃にも使いやすい。

コードが有る掃除機だと屋外のコンセントに指して車の室内清掃をしていたけど、コードレスであれば、そのまま持っていくだけ。

 

何、このコードがないだけなのに精神的な不可の軽減と気持ちのよさ。

 

掃除の仕方やゴミに対してのこだわりがないのであれば、間違いなくコードレス掃除機が良いよ!

きっと、今後コードあり掃除機には戻れないと思う。