いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

老後資金3000万円に感じる違和感

ネットニュースを見ているとよく目につく話題の『老後の必要資金』

一番多いのが老後までに3000万円貯蓄が必要というのはよく目にする。

 

また、別のサイトでは1000万円でも可能、もしくはそんなに貯めないでもなんとかなるやら、ぶっとんでるのは1億円以上は必要やら、とりあえず老後資金に関しては結構金額幅がある。

 

まだ老後には多少時間の余裕があるにしても、ついお金の話題になると気になってしまってサイトを見ちゃったりするんだけれども、どれもしっくりこないんだよな。

 

きっと、この老後資金の設定は条件次第で大きく変わるもんだからね。

 

都市部と地方でも変わるし、健康状態でも変わる、住居も持ち家なのか賃貸なのか、子供がいるのかいないのか、自営なのか勤め人なのか、保険に入っているのか入っていないのか、条件幅が広すぎて老後資金の設定金額も『一般的な』設定といっても、どこが一般的なのかもはっきりしない。

 

私の条件も会社員で結婚していて子供がいる家庭という一般的な条件そうでも、配偶者が正社員なのかパートなのかでも全然条件が変わってくるし、子供がどこまで進学するのかでも大きく変わる。

 

ということで、『老後資金は3000万円』といった一定の金額設定にはまったく根拠がないし、その情報自体に不安になる必要もない。

 

では、老後資金を考える時に何を考えるか。

 

私の中では『お金の配分』

今稼いでいるお金は『今』を楽しむお金なのか『将来』に使うお金なのかのバランスのとり方。

 

私の考え方だと、今のこの現役世代である内が人生の中で一番楽しい時期でもあり思い出も作れる時期でもあるので、今金銭的に無理に我慢をするよりは、出来る限り金銭的な我慢をしたくはない。


もちろん限度もあるので、収入の範囲でという条件はついてくるけれど、楽しみや思い出のためのお金は消費しつつ、一部は老後の為、将来の為の資産も作っていくようなバランスを取っていきたい。


それに、現役世代に我慢を続けて、いざ老後に入る頃に自分が生きているかどうかの保証もないからね。


自分の我慢が将来自分以外に使われるってどうなの?

さすがに、全然老後資金を考えないことは出来ないけれど、自分自身の人生でどの時期が一番大事なのか。

 

出来る限り一番大事な時期に資産を投資していきたい。

 

あと、世のご老人方を見ているとみんな収入の範囲でなんとかやっている。


国民年金しか年金がないというご老人でも毎月なんとか生活している。
しかも、この地方だとそんなご老人は少なくない。
もちろん、その背後に子供や家族の助けもあるのだろうけど。

 

結局、老後になると収入に応じた生活になっていく、そうならざる負えないだろう。


個人的な人生観として老後の生活なんて人生のおまけのような時期であるだろうし、そんな時期に資産を蓄えておいて何に使うことになるのか。


自分で使わずに後の世代へバトンタッチ?

体力もお金も自分が動ける時に使ってこそ、一番有意義な使い方ができるんじゃないか。

 

『老後資金は3000万円』なんて、老後の資産を気にするよりも、そのお金が自分をどう有意義だった人生を演出してくれるかを気にした方がいいんじゃない。