いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

本日七草祝い。鹿児島の七草祝いはどうやら他県より力の入りが違うらしい

本日我が家の息子の七草祝いでした。

巷の噂では鹿児島の七草祝いという風習は他県では珍しいとか・・・?

私は生粋に鹿児島生まれなので他県の事情はよくわかりませんが、ひとまず今回息子の七草祝いをしましたよ。

 

8時45分。貸衣装へお着替え。

先日七草の写真を撮ったスタジオアリスで貸衣装を借りました。

我が子ながら、上が黒と下が金色ベースのしぶいセンスの袴をチョイス。

が、周りが白や青の入った柄が多かったためか、意外とシブさが良かった。(・∀・)

 

9時30分。自宅前にて記念写真。

先日購入したカメラが活躍。

 

 

スマホと撮る写真とは一味違います。

 

9時45分。近所の神社へ七草参り。

やはり七草ということもあり、神社には大勢の七草参りに来た人たちが・・・。

ちなみに、このお参りの際に気になるのが『初穂料』

我が家でも『世間はどのくらいなんだろうね~』という話になりましたが、とりあえず5,000円を包んで神社の受付に行きましたが、受付にも5,000円と表示してありました。

ネット上で調べると相場は5,000円~10,000円程度と出ているので、大隅地域の神社では5,000円以上の初穂料であればとりあえず世間相場になるのではないでしょうか。

あとは、個人の気持ちでプラスαということで。(>ω<)

 

10時10分。祈祷が終わり神社で記念撮影。

家族で写真を撮影。

ここでも一眼レフカメラが活躍。

この後、鹿児島の七草祝いでは重箱やお椀を持って七軒の家に訪問して七草がゆを貰うのがベターな七草祝いなのですが、そこは親戚の少ない我が家。

この七草がゆを頂く風習はすっ飛ばします。

とりあえず、実家の母親にだけ七草がゆを作ってもらい、気持ちだけ七草がゆを頂くだけで、あとは祖父母、曾祖父母に息子の袴姿を見せて、それぞれ家族で写真を撮るだけに収めました。

私が七草祝いをした時にはたしか七軒回って七草がゆを頂いたんですけどね。

 

11時30分。曾祖父母宅。

家族に息子の姿をお披露目した最終地が私の曾祖父母宅で、ここでお着替え。

どうやら普段着慣れない袴に、息子はストレスを感じていたようで、『早く脱ぎたい!!』とご立腹。

早々に普段着にお着替えしましたよ。

ここで七草祝い終了。

 

最後に曾祖父母宅にて撮影した写真を。

 

f:id:pinkspider01link18:20170107182143j:plain

 

f:id:pinkspider01link18:20170107182237j:plain

 

田舎らしい雰囲気がいいな~と思って撮ってみました。