読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

はてなブログで目次を作る方法を今日知ったよ

f:id:pinkspider01link18:20161127111440j:plain

昨日よりはてなブログの仕組みについて少しづつ調べ始めたハヤスズです。

今日覚えたことは、『目次の作り方』。

長らくはてなブログを続けていらっしゃる方には当たり前に知っていることかもしれませんが・・・私、本日知りました。( `・∀・´)ノヨロシク

 

いろいろとブログを見ていて、『目次ってどうすればできるんだろ~』と前々から気にはなっていたんですよ。

だけど、いつもの面倒くさがりの性格なもんで、今の今まで調べずに放置。

これハヤスズの悪い癖ね。( ̄ー ̄)bグッ!

 

そして、調べてみると・・・簡単にできるんじゃん!!

気になったときにはすぐ調べる癖をつけることは大事ですね。

ついつい面倒くさがるからいつまでも知らないままなことあります。

 

せっかくなんで、そんな簡単なことを練習代わりに1記事として記事にしちゃいます。

 

 

目次

 

その1 目次を入れたい場所に[:contents]を挿入する。

 

はてなブログには、[:contents]と挿入するだけで目次を作ってくれる機能があるようです。

これは知らなかった。

試しに、私が書いた記事の中で文字数の多い記事に挿入してみました。

 

挿入例

f:id:pinkspider01link18:20161127105444j:plain

黄色に塗りつぶしたところです。

このコードを挿入するだけで目次を作りたい場所に目次を作れるようになります。

 

その2 目次にしたい箇所は『大見出し』『中見出し』『小見出し』にする。

 

機能として、『大見出し』『中見出し』小見出しにした部分を目次として作成するようです。

『見たまま』編集では『大見出し』『中見出し』小見出しにして目次にしたい部分を表示するか、HTMLコードだと<h>タグの部分をひろうようになっているのかな。

この辺はもっと詳しい人に聞いて欲しい。m(__)m

 

ちなみに私の過去記事で目次を作ったのがコチラ

 

参考例

f:id:pinkspider01link18:20161127110016j:plain

[:contents]を挿入した部分に、しっかりと目次が作成されていますよね。

 

 その3 ついでに、作り直した過去記事も見ていって

 

ここまでお付き合い頂いたので、せっかくですから時間が許す限り、目次を入れ直した過去記事も見てやってくださいよ~。(๑´•.̫ • `๑)

 

www.kusuburu.com

 

しっかりと、目次が入っていますでしょ。

 

その4 目次の作り方は理解したけど・・・。

 

本日覚えた目次作成方法ですが、そもそも文字数がだいたい1000文字から1500文字程度しか書いていない記事が多い私にとって、そこまで目次がある必要がないのかもしれません。

この記事も目次作ってみたけど、この文字数なら必要・・・なくない!?

 

SEOとしては意味があるんだかないんだかわかりませんけど、無いよりはあった方がいいのかしら。ヽ(゚∀。)ノウェ

 

あとは、各方のお好みで目次を入れるもよし、そんな配慮なんてしねーぜって我が道を行くもよし、私のように気まぐれで入れてみる気分屋もよし、好きにしてみなはれや。( ´ー`)y-~~