いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

はてなブログの新参者として引越し前に書いた記事の振り返りで自分自身の変化を知る

f:id:pinkspider01link18:20161126125018p:plain

今月初めにライブドアブログからはてなブログへ引っ越してきましたハヤスズです。

まだはてなブログに引っ越してきて1ヶ月にも満たない新参者ですが、多くの方に読者登録をしていただいたり、スターを頂いたり、いつもありがとうございます。

 

そんなライブドアブログからはてなブログへのお引っ越しを行ったのですが、お引っ越しの際にまったくきれいにデータの移行が出来たわけではなく、一部記事内の修正などが必要であることがわかり、本日午前中の2時間を利用して、ちょこちょこと記事の修正を行っておりました。

それでもすべては終わらなかったので、もう少し時間がかかりそうです。

 

そんなことをほとんど頭で考えることのない『作業』として記事の修正をしていたのですが、記事を修正していてちょくちょく記事の内容も振り返りながら、思い出に浸りながら作業をしていると・・・過去記事って面白いですね。

 純粋に面白い記事もあれば、自分で心配になる記事、恥ずかしくなる記事と自分自身の変化を知ることがよくできました。

 

例えば、最初の時期に書いたブログ記事は始めたばかりの意気込みや気合の入りようが感じられる内容でした。

どれどれと思われた方は過去記事も見てやってください。

(くれぐれも今が決して手を抜きまくっているわけではありませんよ。(;・∀・))

 

そして、途中、炎上作戦を狙っていたのか?某ブロガーの方のような挑戦的な口調で文章を書いている記事もあり、やたら堅そうなイメージの口調で文章を書いている記事もあり、その当時自分がどこへ向いたかったのか・・・自分自身でもわかりません。( `・∀・´)ノ

(結果、炎上どころか人の目にもそんなに触れていないようなんで、今となってはよかったよかった。)

 

そんな自分自身が約1年という期間の中で、『こんなこと考えていたんだ』『こんなこともあったな』や『今とはちょっと違う考えも持っていたんだな』なんていう自分自身の振り返りができるのは、ブログとして記録に落とし込んでいる良さですよね。

 

きっと、ブログを書いていないとそんなたった1年前の自分でさえ、その時にどんなことを考えていたのか、何をしたのか、何を思ったのか、過去のことを丁寧に思い出すことってなかなか難しかった、いやそんな振り返りなんてしていなかっただろうと思います。

 

作業自体は『面倒だな~』なんて、自分のことなんですけどそんなことを思いながら始めたんですが、この記事を振り返ることに関してはものすごく自分にとって意味がありました。

この1年間という期間、いいときもあれば、苦しいときだって当然ありました。

そんな期間があって今こうして生きているんだなって思うと『ブログ書いていてよかったなー』と純粋に感じることができます。

 

これから、どれだけ続けていけるかわかりませんが、『自分の記録を残す』という意味で出来る限り続けていければいいな。ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

 

皆さんこれからもよろしくお願いします。