読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

ストレスチェックに見たストレス値の高い3つの特徴

f:id:pinkspider01link18:20161123100325p:plain

11月に入ってから慌ててストレスチェックを実施していた私ハヤスズ。

 

www.kusuburu.com

 

ひとまずストレスチェックは実施できて、その回答が先日返ってきました。

 

そこから、厚生労働省で準備されていた分析ツールに返ってきた回答のデータを入力。

さすがにデータの入力は時間がかかり、2日間もこのデータ入力に費やしました。(´・ω・`)フー

 

その後、個人ごとの分析結果や高ストレス者の反応がないかを見るのも大事なことなんですけど、個人的には集団のストレス状況も興味が有るところでした。

 

一定の集団ごとにくくってその職場のストレス度を分析するようにもなっているので、早速職場ごとのストレス値を見てみたところ、一定の傾向が見えたので、その傾向として3つの特徴をここに書き記しておきます。

 

その1 仕事の残業時間が多い集団はストレス値が高い。

これは、前々からも言われていたところで目新しい発見ではないですが、仕事の残業時間が恒常的に長い集団はストレス値が高い分析結果が見て取れました。

世間で言われていることは、分析結果としてその通りなのね。(・_・;)

 

私も遅くまで職場にいるとイライラしてきちゃったりしちゃうので、一般的な?メンタルを持っていれば残業時間が長いとやっぱストレス値はあがりますよね。

 

その2 職種や仕事内容によってストレス値が異なる。

これもそりゃそうだろうという結果ですが。

私が働いているのは病院ということで、職種で仕事内容が異なります。

では、どの職種のストレス値が高かったかというと、明らかに介護職の割合が高い集団のストレス値は高い傾向が出てました。

 

世間的には日本で数少ない成長産業とも言われる介護事業ですが、そこで働く介護職の確保というのは最近特に難しくなっています。

おそらく、仕事の割に給与が低いといったイメージもあったり、産業全体として人が足りないところに、わざわざ介護の仕事をしたくないといった世の中の事情もあったりすると思いますが、そんな世の中の流れの中、実際に現役で働いている介護職の方のストレス値も高い傾向にあるようです。

 

内容的には、仕事の量が多いという数値が高い数値を示していたので、人手不足による一人ひとりの仕事量の増加が、このストレス値を押し上げているところなのかなと想像しています。

 

その3 一つの集団の中でも職種が異なればストレス値が異なる

これは、自分にどれだけ仕事の裁量があるかの問題だと推測してます。

病棟では、医師を頂点に、看護師、准看護師、介護職が一つの集団として業務を行っています。

 

この時、指示の流れを考えると、医師からの指示が順に看護師、准看護師、介護職として降ろされていきますよね。

ということで、この職種間のストレス値を見ると、やはり介護職のストレス値が高い傾向が出ていました。

そして、その次にストレス値が高いのが准看護師です。

意外にも、世間ではストレス値が高いと言われている看護師のストレス値ってそこまで高くないんですね。

 

きっと、病棟で介護職をしていると看護師ではなくてもいい仕事は准看護師に仕事として降ろされ、准看護師ではなくてもいい仕事が介護職に仕事として降ろされていく流れがあります。

 

ということは、指示の最後にいる介護職には、ほとんどが受身的で、裁量権が少ない仕事しかないわけです。

反対に色々されても困るということもあり、ほとんどの仕事が指示の上でしか動けないとなると、仕事していて面白く無いですよね。

そりゃストレスも溜まりますよ。

 

私も、事務側の人間ですけどある程度自分の考えたことを実際に仕事に反映させられるときが仕事に面白さを感じられる瞬間だったりするので、自分の考えを仕事に反映させられない職場というのは、ただただ働いているというだけで、少しも仕事として面白く無いだろうと思います。

 

仕事をしていれば、給与の問題から、仕事の量の問題、職場環境の問題というのもありますが、自分の意見が尊重されるか、反映されるか、というのは仕事のおもしろさを感じられる部分だったりやりがいを感じられる部分なので、自分が考えている以上に大事な部分だなと気付かされたのが今回の自分にとって収穫でした。

 

今回は初めて取り組んだので、これが時系列として改善されていくように事業者側に働きかけていくのが次の課題でもあったりするので、『ストレスチェック?それそんなに大事なの?』って、今のこの時期に考えている経営者の方がいたら、考えを変えていったほうがいいですよね。

人がいなければ大きな事業はできませんし、今は労働者が強くなってきている時代です。

舐めてると痛い目にあいますよ。(・∀・)

 

ハヤスズも取り組んだストレスチェックについての詳細はコチラをチェック。

www.mhlw.go.jp