読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

友達がいない私が友達がいない理由を分析してみた。

友達がいない・・・それは寂しい響きに聞こえますね。
では、友達がいないことはそんなに寂しいことなのでしょうか。
実は友だちがいることのデメリットの方が、友だちがいるメリットより大きいと考えたことありませんか。

と、書きつつ、友達が多い人に嫉妬しているハヤスズです。

私は、自分で言うのも何ですが、友達が少ないです。
完全にいないわけではないですけど、本当にまめに連絡を取っている友達は1人。
これまで人生34年を経過して、友達といえるのは1人だけです。

いやーこんな私と友達でいてくれるのは本当にありがたい。
そうは入っても、これまでそんなに友達のいない人生を過ごしてきたわけではありません。
その時その時で仲が良かった友達もいましたが、この歳月の中で、少しづつ友達も少なくなり、今では1人としかマメに連絡を取らなくなったってとこです。

・・・友達がいない理由の言い訳っぽいですかね。苦笑

TSUishinouegirl_TP_V

でも、自分でも友達が少ない、少なくなった理由は自分でも整理はしています。

まずは、自分の時間を人にコントロールされるのが嫌。

大人になるに連れて、協調性って失われてきませんか。
昔より自分の時間は自分のために使いたいと感じることが増えてきました。
友達と行動するとどうしてもお互いの目的や時間を合わせて行動をする必要があります。
昔のように目的が同じで共通の話がそんなにズレていない場合はよいですが、社会人になるとどうしても自由な時間帯が違う、職場の環境が異なる、それぞれ生活環境が変わる等、友達と言えどそれぞれがそれぞれの人生になってきます。
そうなると、自分の時間は自分のために使いたい、そんな気持ちのほうが強くなり、次第に友達の範囲が狭くなってきました。

続いて、もともと社交的な性格ではない。

リアルな世界では私自身あまり他人をパーソナルエリアに入れたがる人間ではありません。
たまに驚異的な社交性を発揮してグイグイパーソナルエリアに侵入してくる人がいますが、そういう人はかなり苦手です。
特に、金融系の営業の方、私のパーソナルエリアに入り込んできすぎです。
『俺の領域に土足で入ってくるんじゃない!!』って言いたくなります。
ということで、一歩エリアに踏み込んできたら、一歩引き下がるような人間です。

次に、話をするのが苦手。
 
これも社交性がないのと似たようなくくりですが、私自身トーク力がありません。
話にオチがない。
説明が下手。
急な返しができない。
語彙力ありません。
よく営業してたなってくらい、話すことが苦手です。
絶対お笑い芸人にはなれないでしょう。

最後に、家庭を持ち、子供ができた。

これは友達が少ない理由にしちゃいけないかもしれませんが、家庭を持ってから確実に友達は少なくなりました。
これって家庭を持つとだいたいそうなんじゃないかと思うのですが、家庭を持つと自由に遊びに行ったりできません・・・よね。
特に我が家は夫婦でフルタイムで働いているので、普段の家事もそこそこに分担しています。
そんな日々を過ごしていると、遊びに行く時間も少なくなったり、遊ぶ時間を作るとすると自分に無理をして時間を作るしかありません。
実際ある程度の年令になってくると、次の日の仕事の事も考えたり、なかなか体と心のバランスの良い日も少なくなってきますからね。

以上、私が友達の限りなくいない状態になったことをまとめてみました。
実際は私自身が気難しい人間だったり、自分が気づいていないこともあるかもしれませんが、今自分で気づいているのはこんなとこです。
こんな私を受け入れられそうな方は、ぜひお友達になって欲しい。笑

ただ、友だちが少ないからって、今が不幸せでもないですし、むしろ幸せ感じて生きている方だと思ってます。

友だちが多いと、付き合いが増える。
 ↓
付き合いが増えると自分の時間が少なくなる。
 ↓
自分の時間が少なくなるとストレスが溜まる。
 ↓
ストレスが溜まると体に負担がかかる。
 ↓
体に負担がかかると体調が悪くなる。 
 ↓
体調が悪くなると生活面に悪影響が出てくる。
 ↓
それなら、本当に信用できる友達が1人でもいてくれればそれでいいのかなと。 

そりゃ友達少なくなるよってなるでしょ。