読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

転職について私が感じたこと、考えたこと

改めまして、ゆずさんコメントありがとうございます。

まさかコメント欄に字数制限があるとは知らず、ツラツラと書いていたら字数制限に軽く引っかかっていました。

では、コメントいただいての返信になります。

まずはじめに、ゆずさんはきっと向上心の強い方なんだと感じました。

人は厳しい環境から、ゆるい環境に変わると、自分でも知らず知らずにゆるい環境に馴染んでいってしまうものですよね。
私も、金融機関に勤めていたときの私と今の私ではすっかり今の環境に慣れてしまい、正直ゆるくなっていると自分でもわかります。

 

しかし、ゆずさんは金融機関を退職後も、昔の環境で培った几帳面さ、スピード感、正確さを失わないようにしている、忘れてはいけないと自分で自分をしっかり管理できています。

 

また、いま転職を考えているということは、そんなゆるい環境に充実感を感じていないからこそ、もっと高いレベルで自分自身の向上を目指したいところなのかなと想像します。

 

 

ただ、転職を考える上で引っかかるのが給与の問題だったり、プライドの問題。

 

まず、給与の問題について私のこれまでの経験で話をさせてもらうと、給与は自分の力次第でいくらでも変えられるものと思います。
例えば、私が金融機関を退職した時、給与のことはそこまで深く考えていませんでした。
というのは、とりあえず給与は自分が生活できるだけもらえればそれでいいと考えていて、それよりもとにかく早く金融機関から脱出したい気持ちのほうがはるかに勝っていました。
そこで、タイミングよく転職することができて今に至っています。

 

参考までに、当時提示された給与は年収ベースでは300万円もないくらいでした。
25歳で年収300万円ないんですよ。
けっして低すぎるとはいいませんが、大卒の同年代の年収と比べると低い方ですよね。

 

それが、10年経過した今はこの地方では不満のない給与をもらえている方です。
高い給与とは言えないのかもしれませんが、私の普段の業務量や就労時間、就業環境も考えると、これだけもらえれば幸せな方かもしれません。

 

ということで、最初に提示されている給与水準はあくまでその入社当時の給与水準なので、入社後に自分の頑張り次第で上を目指せるものではないでしょうか。
もちろん、その入社する企業の規模や勢いなど外部的な要因はあると思いますが、最初に提示されている給与が全てではないので、給与に縛られすぎることはないのかなと私は考えます。

 

また、プライドについてですが、プライドが高いのは悪いことだとは思いません。
プライドが高いということは、向上心の裏返しだと思います。
そうありたい自分の理想像があって、そこに向かうために努力できるプライドであれば、必要なプライドの高さではないでしょうか。
一番良くないのは、努力しないけどプライドが高いというのが一番やっかいな気がします。

 

最後に、私が転職に大事だなと考えたことが3つあります。

 

1つは自分がどんな職種で働きたいのかを明確にする。
給与も大切なんですけど、まずは自分が本当にしたい仕事、続けられる職種ってなんだろうってもう一度整理することじゃないかと思います。
私は金融機関で営業に向いていないことが十分わかりました。
だけど、支店内で事務をすることは苦ではなかったので、きっと事務なら続けていけそうだと考えていたので、転職する時は事務の仕事にしようと決めていました。
また、事務といってもいろいろ種類がありますよね。
経理事務に総務事務、医療事務なんてのもありますし、事務と言えどやることはそれぞれ違います。
だけど、もともと数字を見ることは嫌いじゃなかったので、経理事務をしようというのを決めていました。
そして、その経理事務を今しています。
ゆずさんはどんな職種で働きたいとかイメージがありますか??

 

続いて2つ目に、自分がどんな働き方をしたいか。
職種を明確にするのと同じくらい大事なことだと思ってます。
仕事でバリバリ働き、人よりも多くの給与を稼ぐことに充実感を感じるのか、給与も仕事もほどほどで、それよりもプライベートの充実に魅力を感じるのか、それとも仕事も私生活もそれぞれバランス良くしたいのか。
私自身はあまり自由すぎると、ただダラダラと過ごしてしまいがちなので、仕事と私生活をそれぞれバランス良くしたいタイプです。
この自分がどう働きたいのか、どう稼ぎたいのか、またはどういった生き方をしていきたいのかを今一度整理してみるとそれに適した職場が見えてくるんじゃないかと思います。
ゆずさんはどういった働き方が自分に向いていると感じますか。

 

3つ目に、仕事も運。
仕事も恋愛と一緒で縁とか運とか神頼み的なところもあるのかなと思います。
いざ会社に入って運が良い人はなぜか昇進が早かったり、上層部に気に入られたりするものです。
また、就労環境も入社してみないとわからないところもあります。
人間関係が良好な環境もあれば、うまくいっていない環境もあります。
そんな自分がコントロール出来ないことは、そこに飛び込まないとわからないですからね。
まさに運や縁と思って、飛び込む勇気も必要なのかなと思います。
自分でコントロール出来ないことは諦める。
あとは飛び込む勇気。
そんなところじゃないでしょうか。

 

つい、初めてのコメントを頂いた嬉しさから長文になってしまいましたが、私の感じたことと考えていることを書かせてもらいました。
アドバイスにはなっていない・・・ですね。汗

 

ゆずさんは、自分が成長したいという気持ちも強いので、今もし自分の時間が取りやすい環境なのであれば資格の取得というのも自分に自信をつける、自分の可能性を広げるためにもいいんじゃないかとも思います。
ゆずさんにとって、少しでも役に立つようなことが書けていれば・・・イイな。