読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

他人の資本を使うことは成功の近道なのか

先日用事があったため桜島フェリーに乗っていた時でした。
テレビから一つのニュースが。

ソフトバンクが10兆円規模の投資ファンドを作る』


人気の少ない桜島フェリーに流れていたニュースをボケーと見ていた私もこのニュースにはビビッときて、テレビを見てました。

そもそもソフトバンクの孫さんって1代でこの規模の会社を作ったんだよね。
10兆円の投資ファンドって、ちょっとした国家レベルの金額。
そんなお金を集められるように1代で築き上げたってすごいなーと。 

ただし、1代でここまで築き上げるためには、他人の資本を使うってことは欠かせないことがソフトバンクグループの有利子負債額をみるとよくわかるんだよね。

YOTA85_husaiyou215135819_TP_V

 

 


ソフトバンクグループ

ソフトバンクグループの売上が連結売上で9兆円。

この売上を作るために外部から調達した有利子負債額が11兆円。

有利子負債が売上を超えてる。

だけど、営業利益で約1兆円。
当期利益で5,000億円~6,000億円。

今の利益レベルで今後も回していければ問題なさそうだけど、このバランスが崩れた時・・・結構怖いよね。

それだけのリスクを取って、売上を立てて、利益を作って、高収益を継続していけるところがすごいんだけど。
少なくとも、他人の資本で売上を作って、孫さん自体は日本で有数のお金持ちになっているのをみると、如何にして他人のお金で自分がお金持ちになるかはこの他人資本の使い方による気がするでしょ。

よく企業の無借金経営が取り上げられることもあるけれど、事業自体を安定的に運営しておけば、無借金経営になっていくことは当たり前で、無借金自体がそこまで誇れることでも無いよね。

無借金自体はリスクは限りなく低いけれど、現状に満足しちゃっている。
それか、無借金でも新たな事業に次々投資できるだけの余力があって、利益を上げながら同時に拡大し続けているのであればいいだろうけど、それでも、外部からの資金を調達しながら事業を拡大するのに比べれば拡大スピードは確実に遅くなるし。

短期的に、そしてダイナミックに事業を拡大して自分の人生の間で財産を築こうとする時、どうしても他人資本に頼らないとそこまでたどり着かないわけで、 このバランスを上手に取りながら継続させているところが孫さんのすごいところ。・・・と自分的には解釈。

これって、お金だけの話ではなくて、普段の自分達も同じで、サラリーマンとして一つの企業に勤めているのは、経営者からすれば他人の資本(労働力)を借りて自分に収益をもたらしている。

無借金経営の企業の経営者も、労働力という他人資本を借りて会社に自分に収益をもたらしているということは、やっぱり他人資本に頼っているんよね。

こんなことを書き続けていると、サラリーマンしている以上搾取されているような気分になってくるけど、サラリーマン(労働者)としては、安定的に収入を得ることができることを考えると、企業にリスクを取ってもらって、自分が成長する機会や勉強をさせてもらって、できる限り安定した人生を送れる環境を作ってもらっていることも含めて考えると、サラリーマンも悪いもんじゃない気もする。

なんだか着地点が見えなくなってきたけど、せっかく生まれてきたからにはお金に困らない人生を送りたいと思うのであれば、いかにして『他人の資本で収益を稼ぐか』を考えてみたら何か見つかるかも。

現状、マイナス金利にしても資金の借り手がいないことを踏まえると、他人資本の調達が難しいというよりも、成長や収益が期待できる事業が少ないことの方が問題なんだろうけどね。