いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

南極観測船『しらせ』が志布志港に・・・キターーー。

先週の話。
南極観測船『しらせ』を見に行ってきました。
南極の観測船ですよ。
ロマン感じますよね。

そんな南極観測船『しらせ』が寄港したのは鹿児島県志布志港。
しぶしと言えば・・・そうです。
『養って』のPR動画でお騒がせ中の・・・。

そこはほっとけってね。

そんな志布志市志布志港に行ってきたわけです。
想像していたよりもデカかったですねー。
普段桜島フェリーやら垂水フェリー等の旅客船をみる機会はあるんで、どのくらい大きいのかなーと思っていたのですが、桜島フェリーの2倍近い長さがあるようです。

あ、ちなみに、これが船首から撮影してみた『しらせ』。

P_20160925_092456



太陽の光がうまい具合に入ってます。 


 

では、『しらせ』の中はどうなっているのか。

そこが残念なことに見ず知らずの人が入っている写真しかないので、写真載せちゃマズイよね。
なので、せめてもの写真ということで、艦長席からの長めを撮影してみました。

P_20160925_091234


『しらせ』の艦長はこんな景色から観測船全体に指示を出しているようですぞ。

そして、そんな艦長と言えば、我々からすれば、一つの支店や支社の支店長、支社長みたいなものじゃないですか、せっかくの機会なので子供に艦長席に座らせてみましたが、一切興味が無いようでした。

息子よ、艦長って選ばれた人たちなのよ、っと将来教えてあげたいと思います。

個人的に、テンションが上ったものもありまして、それがコチラ。

P_20160925_090438


隕石だって。

撮影がうまくできなかったのですが、これが隕石だって。

南極にあった隕石なのかな、展示されていて、しかも触れる・・・。
これは触るしか無いでしょ。
人生で隕石触る機会なんてありましたか?
ないでしょ。

これはテンション上がります。

触った感触は・・・鉄みたい。
隕石の主成分は鉄なのか?

『隕石』=『形の悪い鉄』
 
今のところ私の理解はこんな感じ。

あとは、船員の方が生活する部屋も一部公開してありました。
中には入れなかったけど、見るだけね。 

P_20160925_091843


これが結構せまい。
この部屋で数ヶ月生活をするの!?って驚いたくらいの感じ。

もともと寮生活をしたことがある方なら抵抗ないかもしれないけれど、これまで一切そういった団体生活をしたことのない私にはとんでもなくストレスがかかってしまいそうです。

せめて1人に1室にして欲しい・・。

わがまますみません。

当日は、陸上自衛隊の車両も会場受付においてあって、ミリタリー好きにはテンション上がりそうなこの乗り物。

P_20160925_095406



プラモデルの世界から出てきたような乗り物です。
子供に乗らせてみたんですけどね、ご想像のとおりです。

なにわともあれ、個人的には楽しませてもらいました。

ただし、子供の無関心ぶりには少し残念な気分・・・。