読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

キンドルペーパーホワイトを6,300円offで購入した結果

前々から気になっていたキンドルペーパーホワイト買いました。
欲しいけど、購入するにはちょっと高いなーなんて思って、購入に躊躇してたんですけど・・・9月25日までなら6,300円Offではないですか!!





これは買わない理由がない。

ということで、早速ポチッとな。

そしてその実物がつい先程我が家に届いた!

P_20160924_094037

 
実物はこんなん。


 

思っていたよりは小さい作りの端末。
そして、よく調べていないもんだから、届いてから発覚したことがいくつか。

まずは、画面がモノクロなんだね。

ついカラーをイメージしてしまっていて、届いてビックリ!

キンドルペーパーホワイトってモノクロじゃん!!』

ま、最初からちゃんと調べとけよって話ですが。
かといって、それが特に問題あるわけではありません。
問題あるのは、私がパンのレシピ本をkindleで購入しているので、写真が主の本になるとちょっと見にくかったり、イメージがしにくかったりはするかも。

ただ、kindleで読むのは『字』を読むのが目的なので、そんなに問題なさそうです。

続いて、若干にじみが気になる。

動作のときに『にじみ』が気になります。
ページを移動するときに残像が残るって言えばわかりやすいのかな。
そこが最初は気になるけれども、ま、慣れでしょ。

この2点が想定していなかったこと。

しかし、キンドルペーパーホワイトにはこの想定外(調査不足)を覆すほどのメリットが!!

まずは、画面で字を読むのは本当の紙に近い。

さすが『ペーパーホワイト』と名乗るだけあって、『紙』の質感です。
ふだんはスマホの画面で読んでいるので、それと比べると目への刺激が少ない気がする。
また、画面の明るさも調整できるので、その日の状態に合わせて画面の調整をしたらいいかもね。

続いて、電池の持ちが半端ないらしい。

まだ買ったばかりで体験していませんが、電池の持ちが半端ないらしい。
おそらく画面がモノクロであるのとも関係があるのでしょうが、頻繁に充電する必要が無いので、ちょっとしたことですけど、めんどくささがありませんよね。

そして、これは購入してから知ったけど月に1冊無料で本が読める。

アマゾンプライム会員でかつkindle端末を持っていると無料で月に1冊本が読めるというなんともオトクな会員特典。
例えば、1冊1,000円の本であれば、それを1年継続で12,000円分の本を無料で読める。
今回キンドルペーパーホワイトを購入した代金なんてすぐすぐ回収できちゃうじゃないの。

最後に、1台の端末で数千冊もの本を携帯できるって・・・スタイリッシュ!

完全に自分の中の妄想ですが、1台の端末で本を何冊も携帯しているって感覚がスタイリッシュじゃないですか。
それに、どこに行っても、どこで待たされても、この1台があるだけでその時間は読書の時間として活用できるなんて、私それだけでワクワクしちゃう人間なんですが。

なにわともあれ、そんなキンドルペーパーホワイトを購入したので、しばらく読書にハマる・・・と思います。