読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

MVNOに早くも淘汰の時代がやってきた!日本通信がMVNOから撤退だって!!

日本通信MVNOをu-mobileに継続してもらって、今後はMVNEに注力するんだってさ。

あまり興味がない人にはなんじゃそりゃって、意味わからないよね。

PAK73_simcutter20140531_TP_V


MVNOとは?

 


MVNOはかなり世の中に浸透してきていますよね。
格安スマホです。
大手キャリアよりもはるかに安い通信料を実現している、事業者ですね。

大手キャリアの回線を一部借りて、その回線を利用して安い通信料を実現しているのがMVNO事業者です。
どうも、MVNO事業者もここ数年で急激に増えすぎてきているようで、最近ではいよいよ淘汰の時代に入ってきたようですが。

次に、日本通信とはなんぞや?

日本通信自体は、MVNOを日本で一番に事業展開していた事業者で、MVNOの世界ではパイオニア的な存在。

MVNOが盛り上がっているのは、日本通信の長年の取り組みのおかげという点もあります。
しかし、そんなMVNOのパイオニアさえもいよいよMVNOの淘汰の時代に入ってきていることで、今後はMVNEに注力するという方針が決定している様子。

では、MVNEとは?

MVNOと一文字違いでごちゃごちゃなりますが、MVNEとはMVNOに支援サービスを展開する事業者です。

最近LINEモバイルがMVNOとして事業展開すると話題になっていますが、その裏ではどこがMVNEになるのかといことも話題になっています。
実は大手キャリアとMVNOとの間にはこのMVNEという事業者も中間に入っており、大手キャリアとMVNOの間で各種交渉や技術支援等MVNOに対して各種の通信支援サービスを行っています。

  • シンプルにすると、大手キャリアは回線を一部開放。
  • MVNEがその借り受けている回線の技術的な問題をサポート。
  • MVNOは格安の通信回線のシェアを広げる営業活動。


こんな役割分担。

ということは、日本通信自体はMVNEでもあって、MVNOでもあったので、自前で両方の事業展開ができている事業者だったのです。
こう考えると日本通信って一見有利そうじゃないですか。

しかし、そんな日本通信さえも、MVNOから撤退、既存契約をu-mobileに移すということですからね。
MVNOで収益が確保できていないことは明らかなくらい、淘汰される時代になってきているんでしょうね。

さらに、日本通信以外のMVNOは、もともとMVNO以外に主となる事業が合って、その副業的な事業でMVNOを展開しているんですよね。
例えば、MVNOで高いシェアを締めているOCNは、もともとインターネットプロバイダー等を主力の事業展開ですし、楽天バイルも、あの通販、金融で事業展開が目立つ楽天です。

日本通信自体は、MVNOやMVNEを主力の事業としているようなので、その主にしている領域で急激に増えたMVNO事業者の事業展開を受けるとなると、収益的には厳しかったんだろうなー。

そこで、u-mobileへの事業引き継ぎです。

では、u-mobileとは?

u-mobileとと言えば、アレです。
もともと音楽配信などを事業展開しているUSENから、映像配信などを展開するU-NEXTという事業会社が派生して、そこからのu-mobileという通信事業が派生してます。

そして、このu-mobileが最近勢いを感じる!

日本通信との事業承継もありますが、ワイモバイルと、通信料無制限のu-mobilePremiumというプランも展開しているので、MVNOでありながら、複数のMVNEと連携してサービスを今後も拡充していくようなので、将来的にu-mobileがどのようになっていくのか楽しみですよね。

最近ではスマホで音楽や動画を見たり聞いたりすることが普通のことになってきており、u-mobileが増えれば自然とU-NEXTやUSENの利用者も増加してくる。
そういった一連の事業の中でu-mobileに力が入ってきている点もあるのかもしれませんが、今後MVNOにどういったサービスが増えてくるかが一番気になるところ。