読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

鹿児島県民として三反園知事の川内原発一時停止申し入れについて

新しい新知事として三反園知事になり、ついに川内原発の一時停止を九電に申し入れましたね。

どうも、三反園知事を見るたびにイヤミ課長にしか見えないのですが、そんなことはさておき、知事選で宣言した仕事しようとしてます。

 

そもそも三反園知事って、反原発なのか、原発推進なのか多くは語らずに、両方の支持を受け入れながら知事選をやっていたような。


とりあえず、一回川内原発は止めてしっかり点検や災害時の対応を見直しましょうよっていうのが今のスタンスでしょ。

それか、もともとがテレ朝出身ということで、本音は反原発よりなのかな。

 

そんな知事を見ていて、一人の鹿児島県民として感じるのは、『もしかしたら原発いらないのかも』ということ。

 

 

denryoku6

 

 

あの東日本大震災当時は、原発事故が起こっていたけど、原発がないと電気が足りていないという、にっちもさっちも行かない状況で、反原発派や原発推進派がそれぞれの主張をしてましたよね。

 

私も当時は直接電気の利用で困ったことはないけれど、計画停電の様子などを見ていると、原発は必要なんだろうなと考えている方でした。


確かに事故の様子を見ていると原発は怖いと思いますが、エネルギーとしてそこに頼っている部分が大きいのであれば、『今』は原発に頼らざる負えないのだろうと。

将来的に原発に頼らないでいい環境になっていけばいいなくらいに考えてました。

 

そして、その後日本中の原発は止まっていき、ようやく最近川内原発が稼働したことを皮切りに、全国の停止中の原発がまた動き出そうとしてますよね。

 

ここで、ちょっとまって!

 

原発動いてない状況で、計画停電しなくても電気は足りていたじゃないの。

日本経済はしっかりと回っていたじゃないの。
 

原発が稼働している必要って、どこにいったの?

 

太陽光発電などのように気候や季節に左右されない、安定したエネルギーを生み出すのでベース電源として考えれば原発の可動は必要なのかもしれません。

また、大手電力会社の経営や地方の経済活性化のためにも必要という面もあるのかもしれない。

 

ただ、事実として原発の動いていない期間でも電力に困っていなかった。

 

あれあれ?原発が動いていないといけない理由って大手電力会社とその立地している地方のためだけになってきている。

 

それなら、日本全体の安全のために原発って動いていなくてもいいんじゃない。←今私が考えているのはココ。

 

結果として、大震災を経験して、グッと省エネと原発について考える期間ができたでしょ。

実際に全国の原発がストップしても電気の不足に対応できることも理解できたでしょ。

 

それなら、どうすれば原発を稼働させられるかよりも、『どうすれば原発を稼働させないでいいか』にお金をかけたほうがいいだろうし、よりよい未来の為には稼働しないでいい方法に知恵を絞ったほうがいいじゃない。

 

最近はデマンドレスポンスであったり、蓄電池をIOTで管理して過不足に応じて電力を調整する技術等電気の調整方法に関する技術もより実践形式に近い形で研究中でしょ。

そういった技術が近い将来に導入されてくるのであれば、ますます原発の必要性というのは低くなってくるわけで、そういった技術が確立してきた時こそ、本当に一部の受益者だけの為に存在するものになるんだろうね、原発って。

 

今はまだ原発は必要なんでしょう。

以前のように全国各地で稼働させておかないといけないほどではなくても、幾分かは稼働させておかないといけないのかもしれません。

 

ただ、将来的には確実に原発で電力を作る必要は無くなってくる。

 

原発を稼働させておかないといけない理由はもっと深いところにもあるのかもしれませんけど、本来の目的である安定した電気供給だけで考えると、もう必要ない時期に来てるよね。