読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

銀行員への就職を目指すには経済系の学部に入らないといけないの?

これまで銀行員にとって後ろ向きな情報ばかり発信している私ですが、たまにはこれから銀行員を目指したいという勇気ある方々のために、銀行員への就職は経済系の学部じゃないといけないのか?

 

結論から言うと、学部関係ないです。

 

結論から書いてしまうとそれだけなので、少し語らせてもらっときます。

 

学部関係ないと言い切れるのは、就職活動中に直接人事の方から聞きました。

特定の学部が有利になるなんてことはないので幅広い学部から人材がほしいと言ってましたからね。

 

それに、私が入行した時、たしかに経済系の学部卒業者が多かったですが、中には理系学科から入行している同期もいましたし、法学部卒の同期もいましたね。

やはり経済系の学部生が銀行員を選択するパターンが多いので、経済系の人間が多いのはそううなんだろうけど、基本的にはどの学部でもウエルカムです。

 

もちろん、経済系の学部から入ってきた人間のほうが経済に関してちょっと詳しかったり、簿記などを学習してきた分最初はまわりよりもちょっと頭一つ抜き出ている感じがあっても、それは本当に最初だけです。

銀行に半年もいれば決算書もそこそこわかるようになってきたりするので、最初のちょっとした差を気にする必要なんてまったくありません。

 

それよりも、銀行員の最初の10年は確実に営業として働いていくので、いかに数字を上げるかがその後のすべてを左右すると言ってもいいでしょう。

 

ちょっとしたスキルだったり、知識だったり、そんな最初のレベルでの差って意味無いです。

 

 

OZPA_kimisaiyou_TP_V

 

 

いい例が、私の銀行には中途採用でシステム系の会社から銀行に入ってきた人もいて、その人はもともとSE系の仕事をしていたそうですが、私が入行した時に次長で、その後すぐ支店長まで上り詰めていました。

噂で聞くには営業の数字が良かったと言っていたので、銀行員は営業ができてなんぼです。

まだ年齢的にも若かったので、今では銀行でもいいポジションにいるのではないでしょうか。

 

むしろ個人的には、理系学部の人のほうが『数字を上げるにはどうするか』というのを論理的に考えて実行していくので、案外文系学部の人間よりも数字を上げれるんじゃないかと考えていたりもするので、特定学部にこだわる必要はなく、自分が銀行員になりたいと思ったのであれば、どの学部からだって就職を目指していけます。

 

では、大学によって入れる銀行のレベルがあるのかって気になりませんか。

 

やはり国内のメガバンク系銀行にはそれだけ優秀な人材が集まるのでその中でさらに選ばれるにはおのずとメガバンクには世間的に有名で偏差値が高いと言われている大学卒が集まるでしょうね。

ただ、私もたまにメガバンクの担当者の方と話をすることがあり、卒業大学を聞いたことがあったのですが、聞いてみると私の知らない大学でした。

 

一流私学や国立大学じゃないとメガバンク系には入れないということもなく、一定のレベルの大学であれば、あとは就職試験や面接の中で優秀な人材を選択していっているのではないでしょうか。

 

ただ、入行してどういった処遇で、周りの頭脳レベルが高いところで輝き続けるかどうかは自分の能力次第なんでしょうが。

 

そして、私のいた銀行では、地方の私立大学卒が多くを占めており、国立大卒というのは少数派でした。

ということは、銀行業界の全体像として、規模の大きい銀行から優秀な人材が入っていって、規模の小さい銀行になるに連れて偏差値レベルの下がる大学卒が入っていくのは全体の構造としてはあるのでしょうが、レベルが低いからメガバンクには入れないということもないので、そこは入行後も自分の力でやっていける、優秀な頭脳を持つ集団にも埋もれない強さを持っているなど、自信があるのであればチャレンジしてみるのもいんじゃないでしょうか。

 

最後に、それでも銀行員になることはオススメはしませんがw