読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

初めての通販型自動車保険の見積もりで不安になること

これまで近くの保険代理店や知り合いの保険代理店で自動車保険の契約をしていると代理店の担当者がオススメのプランで作ってくれて、流れで契約までしていませんでしたか。

特に、自動車を初めて購入した時は余計に保険のことがわからないので、すべておまかせで契約まで済ませている方も。。。

 

確かに、保険代理店は手取り足取り手続きを済ませてくれるので、簡単に自動車保険には入れますが、その分自動車保険料に費用が含まれているんですよね。
 

だから、代理店経由の自動車保険は保険料が高いんです。

 

そこで通販型自動車保険に乗り換えた私ですが、さらに保険代理店をかじっている私でも、いざ通販型自動車保険で見積もりや契約をする時は緊張しました。

 

だって、初めてですもん。

 

 

tuuhan

 

 

保険の契約金額などはそれまで契約していた保険金額を参考に設定して、特約についてもだいたい同じような内容の特約があるので、その特約をつけておけば大きく保険内容が変わることはありません。

 

むしろ、一度同じような保険内容で見積もりを作った方がどのくらい安くなるかわかるので、最初は出来る限り同じ内容の保険見積もりを作ったほうがいいですよね。

 

そこから、もし保険内容を上乗せして現状よりも安い保険料であれば、保険内容を上乗せするもよし、同じな保険内容で安い保険料に満足をするもよし、選択は貴方次第。

 

では、どうして緊張したかというと、やはり自分一人で見積もり作成すると責任も自分にかかってきますからね。

不十分な内容で契約してもそこには自分しか入っていないので、すべては自分の責任になると考えると緊張してしまいます。
 

特に、保険内容に関してはおすすめプランも作成されるので、大きく間違うようなことはないでしょうが、例えば、等級の入力や自動車の型式の入力、免許証情報の入力など、そのまま正確な情報を入れれば問題ない箇所が、実は地味緊張します。

 

本当は免許証の色がブルーなのに、間違ってゴールドで入力をしてしまった場合や等級を間違って入力していた場合は正確な保険料が計算されません。

正確な情報で契約をしていないということは、そのまま気付かずに契約がスタートしてしまい、もしも保険を使用するような事故を起こした時、その保険からちゃんと事故時の対応や補償を受けることができるかどうか。。。不安ですよね。

 

私の経験上言えることは、等級の間違いは保険会社が調べるので後から指摘が来ます。


その場合は、差額分の保険料を精算すれば問題ありません。

また、型式の間違いも車検証をよく見ながら入力をすればまず間違えることはないですよね。

自分の車の車種くらいはわかるだろうし、型式も選択式になっているはずなので、そのまま選択すればいいです。

 

では、免許証の色は?

ここが、ちょっと不安ですね。

 

普通にすれば問題ないのですが、たまにうっかりと色を間違えることもないとはいえません。

だからこそ、ちゃんと免許証まで用意しておいて、そのままの情報を入力しないといけないわけですからね。
 

もし間違いに気づいたとき、まずは保険会社に連絡しましょう。
 

その後は保険会社の判断にまかせるしかないですね。

保険料の差額分を精算すればいいだけの場合もあるでしょうし、厳しいところは契約の解除もあるかもしれません。

 

特に最悪な場合は、事故が発生した後に免許証の色が違うことがわかると保険が使いたくても使えない可能性が高いですね。

まさに保険会社に判断を委ねるしかなくなります。

最悪、保険金が支払われないことも覚悟しておかないといけません。

 

案外、自分で保険内容を作ることよりも、自分の情報を正確に入力しないといけないことのほうが神経をつかう部分になります。
 

もしも通販型自動車保険を検討しているのであれば、『正確な情報を入力する』ここは気をつけてください!


ハヤスズも利用している自動車保険の比較サイト