読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

保育園を探している時に気をつけて欲しい、保育園選びのポイント

我が家の息子は0歳児から保育園に通っているので、保育園ではそこそこ長老ポジション。

タイミングも4月の時期に合わせて入園できたので、そこまで保育園問題で困った経験はなかったのですが、もしも保育園選びに悩んでいる時に気をつけてほしいポイントまとめました。

 

私の地域は待機児童が理論上はゼロの地域なので、保育園に入りたいけど入れないということ自体は少ないようです。

ただし、それは待機児童と保育園の空き枠が同等か少し余裕があるということなので、希望の保育園に空きがあるということにはなりません。

 

ま、この地域でも人気のある保育園は抽選なので、誰もが希望の保育園に入れるというほどの状況にはまだないというところでしょうか。

 

 

ANJ101042802_TP_V

 

 

そんな保育園ですが、私が実際に保育園選びで気をつけたこと

 

その1 保育園は自分で1度は見に行っておこう

 

保育園選びの時は、割りと自分の職場の近くや、自宅の近くで選んだほうが便利なような気がして、そのどちらかの近くで保育園を選びがちですが、実際に保育園にも足を運んでみましょう。
 

私は最初に認可外の保育園も選択肢に入れて、この認可外の保育園も見に行きましたが、思っていたよりも施設が老朽化していて、自分の子供を入れると考えた時に正直『う〜ん。。。』となるような状況でした。

当然、すでにその保育園に入園している子どもたちもいるので、保育はしっかりしてくれるのでしょうが、できればもう少し衛生的な環境で子供には過ごして欲しいということで認可外保育園は選択肢から外れました。
 

その後に、2番目の候補としていた認可保育園も見学に。

こちらの施設は特に気になる点もなく、保育園の副園長が案内までしてくれましたが、その思いに乗せられて今の保育園に決定しました。

 

その2 園の代表者の声を聞こう

 

保育園の代表者の話を聞いてみましょう。

見学に行った時に丁寧に保育園を紹介してくれるところもあれば、勝手に見ていってくださいというようなスタイルの保育園もあります。

 

やはり、人間なので丁寧に対応してもらった方が気持ちはいいですよね。

その中でも特に園の経営者に近い方に話を聞けるときは聞いてみましょう。

 

保育園もたくさんありますが、それぞれの保育園で教育方針があります。

 

私が保育園を選んだ理由も副園長の教育方針を聞いて共感できたので今の保育園に決めました。

ITを使った教育に力を入れていたり、音楽に力を入れている、英語教育に力を入れている等その保育園独自に力を入れていることもあるので、じっくり話を聞いてみましょう。
 

その3 できれば自分たちが対応できない時に助けてもらえる人の近くが何かと助かる

 

なんだかんだいって、保育園の近くに親が住んでいると助かります。

共働きなので、どうしても迎えが遅くなることもあります。

 

そんな時にはやはり親を頼ることになります。


年に何回もあるわけではありませんが、かならず頼ることはあるのでそんな時には親の住んでいる近くの保育園であれば、かなり助けられます。

 

その4 すでにその保育園に入園している人の声を聞こう

 

これまで保育園の『外面』だけを調べましたが、やはり『内面』も知っておきたいところ。

外面では素敵な教育方針でも、実際の中身は??ということもあります。

 

私もここをもう少ししっかりと調べておきたかったという思いがあるので、もしも身近に話を聞けるような人がいるのであれば、その保育園の内面も調べるようにしておきましょう。

 

実際に保育園選びで大切だなと感じたことをまとめました。
 

地域によって保育園事情は大きく異なるので、この通りにならないところも多いかもしれませんが。