いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

見落としがちな自動車保険の保険料。自分の自動車保険が一番コスパが良いと思い込んでませんか。

今も自動車保険マスターを名乗れるまでではないのですが、なんちゃっての保険代理店もかじっているので、そこそこには詳しくなってきたこともあり自分の保険は保険料の安さ重視で契約をしています。

そんな自動車保険にはちょいとうるさい私ハヤスズですが、自動車保険にうるさい私も、自動車保険のことがちんぷんかんぷんでなんとなく自動車保険の契約をしていた時期が過去あるわけです。

 

それは、銀行員に入りたての頃。

 

初めて自分で車を購入したのですが、自動車保険をどこで掛けようか悩んでいるところ、上司より『うちの銀行のグループで自動車保険を扱っている会社があるからそこで入れば安いしいいよ』とアドバイスを頂きました。

その時、何も知らない私は、銀行って福利厚生が整っているので、そんな私生活面でもかなりお世話になるんだなと心から感謝したものです。

 

今では、世の中のこともちょこっとわかってきたので、そんな感謝する気持ちなんて一切ありませんがw

 

そして、上司のアドバイス通りに、グループ会社の団体保険で自動車保険の契約をした私。

 

その契約以降も、特に自動車保険のことは自分が契約をしている自動車保険が一番安さと内容が伴っているんだと思い込んだままで、他社に変更するような意思もありませんでした。

そもそも銀行に努めている間は契約変更はできなかったと想像しますが。

 

そして、銀行を退職してからです。

 

今の会社も損害保険の代理店をしているので、転職したこともあり自分で自分の自動車保険契約を同じ契約内容で見積もりを作ってみました。

 

すると・・・あれ?今までの自動車保険高くない!?www

 

ほぼ同じ内容で作ったにも関わらず、保険料が高いのです。


そこで私気付きました。

 

自動車保険こそしっかり比較をしないといけないと!

 

保険の話って内容を知ることが面倒じゃないですか。

特に金融系の話が苦手だと鬱陶しく感じて、人に言われたことを信じて入りがちです。

だけど、ちゃんと自分の考えを持って自動車保険は契約をしないと損するだけです。

 

その後、私の自動車保険の契約はいくつも変更していきました。

 

実は、転職後一度は保険代理店が取り扱っている保険会社の自動車保険を契約しましたが、その自動車保険の保険料さえも少し疑問を持ち、その翌年度からは巷で当時安くてしっかりしていると評判だったソニー損保の自動車保険に変更します。

 

すると、通販専門型の自動車保険なので、それまで契約してい自動車保険より当然安いんですよ。

10,000円近く下がったと記憶しています。

 

こうなると、どんどん調べてみたくなりますよね。

 

さらに翌年の更新時期には、ネットで安いと評判のSBI損保で見積もりをとってみます。

すると、安いと思っていたソニー損保よりもまだ安くなるんですよ。

 

ということで、今度はSBI損保で契約。

 

さらにさらに翌年度、まだ安いところがあるのではないかということで、いよいよ比較サイトに頼ることにします。

それが【NTTイフ】です。

 

それまで比較サイトを使うと広告のメールなどが鬱陶しいのではないかという心配があり敬遠していたのですが、一度は試してみないといけないと思い、思い切って飛び込んでみます。
※実際は、鬱陶しいメールが頻繁に来ることはありませんでしたので安心してください。 

 

すると、保険会社4社のざっくりとした見積もりが届き、その中で一番安かったのがチューリッヒのネット専用型自動車保険になります。

 

それまでのSBI損保よりも安くなりました。

 

ということで、今はチューリッヒのネット専用型自動車保険に収まっていますが、おそらくこの辺りが自動車保険の一番安いところになるのではないかと言うのが私の感想。

SBI損保も条件次第ではチューリッヒよりも安くなりそうですし、このあたりの保険料が今のところでは一番安い水準にあるのではないでしょうか。

 

ただ、安さだけを求めていくと、いざ事故に遭遇した時にちゃんと使えるか心配になりますよね。

だけど、保険代理店経由で自動車保険を契約していても、実際に事故の手続きはそれぞれの自動車保険会社の事故処理センターです。

 

保険代理店に連絡をすれば、事故現場まできてくれる担当者もいれば、タイミングが悪いと現場まできてくれない担当者だっているわけです。

 

ちょっと高くても保険代理店にもしもの時の対応を期待するよりも、事故時の対応を自分でしっかり覚えておくことがよっぽど大切ですよ。

 

 

  • 事故発生時にはまず警察を呼ぶ。
  • 保険会社の事故センターに連絡をする。



この2つだけをしっかりしておけば、ほとんどの事故は自分で対応できます。

特に警察を呼ぶのは鉄則です。

 

そんなこともあり、私は事故時の対応よりも『安さ』を自動車保険の選択条件一番に持ってきいます。

 

もう一度、自分の自動車保険は今の契約のままでいいのか、疑ってみてください。

 

そんなハヤスズが使っている【NTTイフ】はコチラ