読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

子どもが小学生になる前に考えておきたい習い事や放課後のこととお金のこと

いよいよ来年から息子が小学生になります。 

これまでは、朝保育園に預けて、夕方6時、遅くても7時までに保育園にお迎えに行けばよかったですが、小学生になると事情が大きく変わりますよね。 

 

特に共働き世帯には時間管理が保育園時代より難しくなってくるので、『小1の壁』なんて呼ばれることもあるとか。 

 

そこで、今から考えておきたい小学生の習い事や放課後のこと 

 

まずは、習い事ですが、今息子は水泳を習っています。 

週に1回、嫁が保育園に迎えに行った後に連れて行っていますが、小学生になると学校が終わるのも早いので時間管理がかわってきます 

2時、3時には小学校って終わりますよね 

 

すると、今は5時半から水泳が始まるので、その間はどうするか?? 

ここはやはり学童で見てもらうことになるのでしょうか 
 

そして、自分で水泳の施設が運営するバスにでものって通うことでしょうか・・・ 

 

もしくは、すでに仕事をほぼ引退している私の母親にお迎えから水泳の送迎までお願いをするのか。 

 

水泳については、嫁が今の時間でなんとかできそうですが、この2時、3時に小学校が終わって水泳が始まるまでの時間は対策を考えないといけませんね。 

 

ひとまず、今わかる情報で整理するとこのようなスケジュール。 

  

schedule

 

国語と数学は公文でお勉強してもらうことを考えています。 

 

公文が1教科が週に2回の1回30分ということで、火曜日と木曜日にそれぞれ1時間公文で過ごしてもらいます。 
水泳は月曜日の17時30分から1時間。
 

表にしてみるとなんとかなるかなーという気持ちにはなってきますね。 

 

これでざっくりしたスケジューリングは完成。 
 

次に、費用はどのくらいを想定しておいたほうが良いか。 

 

今は保育園に月32,000円、水泳に6,000円かかっているので、教育コストとしては月38,000円です。 


では、これが小学校に進学するとどうなるか。
 
 

小学校は授業料かからないので、授業料は0円、ただし、給食費として月6,000円。 

これに習い事の費用公文が1教科6,480円の2教科で月12,960円、水泳が月5,700円、そして、学童の費用が7,000円になるので、合計の教育コストは31,660円。 

 

習い事などをすると今の保育園時代の教育コストと小学生時代の教育コストってあまり変わりませんね。 

私の中ではもっと教育コストが下がると思っていましたが、習い事次第でこの辺の教育コストは大きくかわってきそう 

 

これはあくまで子どもが暇をしないために考えているだけなので、公文に行きたくないのであれば、その分のコストは必要ありません。 

私も小学校時代は塾などに行っていたこともなかったので、息子が行きたがるかどうか・・・。 

 

小学校入学当初は学童にだいぶお世話になる必要がありそうです。 

また、母親の協力も含めて体制を整えておかないといけませんね。