読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

取引先の銀行で20代の退職率が40%以上。時代は変わった。

取引先の担当から聞いた話。

銀行の20代の退職率が40%もあるそうだ!

 

これって100人入行したら30歳になるまでに40人はいなくなっている。

多くない!?

これまで巷で言われていたのは、七五三だったでしょ。

入社した人間が3年以内に辞める可能性が高い方から中卒で7割、高卒で5割、大卒で3割が3年以内に辞めると。

この割合って、直近ではもっと上昇しているだろうね。

 

しかも、その担当者が言うには、『我々の時代はこんなに高い割合で辞めることなかったけどなー』ですって。

 

担当者サン、時代は変わったのですよ。

 

銀行員の給与が相対的に高給だったのはもう20年も30年も昔の話。

今はその当時と比べると全体的に下がってきてますよね。

私がいた銀行の役席が言ってましたもん。

『昔は、この役職ならもっと給与が高かったのになー、今もらっている給与はその当時の給与と比べるとそんなに高くなってないんだよな。』

 

これ聞いてビックリ。

 

おそらく私が10年前に聞いた話で、さらにその20年近く前の話なので、今から30年くらい前の話なのでしょうが、その当時はバブル絶頂期?

今では想像できないくらいの状況で、銀行員の皆さんの給与も大変な額を頂いていたことでしょう。

 

 

SAYA072155409_TP_V

 

しかし、時代は過ぎ現代。

 

鹿児島では公務員と並んで平均給与がいい銀行ですが、それは地方だけの話。


しかも、地方でもその業務量や処遇をみると、そんなに贅沢な暮らしができるような給与でもないですし、給与が高くても支出が多いので収入と支出の差し引き『利益』でみるとたいしたことないのが銀行員という仕事です。

 

例えば、看護師同士の40代の夫婦でそれぞれが年収500万稼いでいれば世帯所得は1000万円です。

しかも転勤もありませんし、お客さんとの付き合いもありません。

また、最悪資格で転職がすぐにでも可能です。

 

一方で、銀行員の場合は、40代で平均年収が650万~700万くらいとして、奥さんがパートだとしましょう。

パートなので年収は100万くらいでしょうか。

世帯所得は約800万程度。

しかし、転勤があります。

お客さんとのお付き合いがあります。

単身赴任であれば、2世帯分の固定費がかかります。

もしも銀行を辞めるようなことがあれば次の就職先は・・・どうしましょう。

もしも、奥さんが夫が単身赴任でバリバリの正社員で働いていたとしても、鹿児島の女性の平均年収であれば、約300万円程度。

これで世帯年収では看護師夫婦世帯と同じですが、単身赴任となれば2倍の生活コストは免れません。

またお客さんとのお付き合いの多さも変わりません。

 

世帯の収入と支出の差額『利益』でみると、地方でも銀行員である良さは年々薄れてきています。

 

だからね、銀行員であることにこだわる必要なんて無いし、その仕事が好きで続けていないのであれば、そこに執着する必要なんて昔ほどないんだよ。

じゃ、他に仕事があるの?って思うだろうけど、仕事は縁。

 

自分が動いて仕事の情報をかき集めれば、それだけ有益な情報も入ってくるし、今何も活動をしていない状態で次の仕事を簡単に見つけようなんて、そんないい話なかなかないですよー。

 

さっきの例でも、今更看護師って思うかもしれないけれど、看護師は3年という時間さえあれば看護師になれます。

知識はなくとも、専門学校に入れれば看護師になることができるのです。

しかも、奨学金制度などを利用できれば、授業料負担も限りなく少なくできるので、3年分の生活費だけなんとかなれば、可能性は大きく広がります。

 

医療職にこだわる必要もないのですが、もしも銀行員でつらい思いをして、どこかに飛び出したいといつも思っているくらいなら、一歩でも動くことからですよ。

 

銀行に入ったら安泰、定年まで務め上げられるなんて時代はとっくに終わったんです。