いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

飛行機に乗る時に考える、飛行機の事故確率ってどのくらいあるの?

出張にしても、旅行にしても、九州圏内を出るときにはここ鹿児島だとだいたい飛行機を使いますよね。
最近では新幹線もあるので、大阪ぐらいまでなら新幹線という手段もありかな。
ただし、時間的な余裕を考えると飛行機を選びがちなんだけれども・・・飛行機って怖くない?? 

飛行機にのるときに毎回考えるのが、『飛行機事故にあわないよね?』というもしももしもの恐怖心。

飛行機に乗り慣れている人であれば、『バカな妄想はやめときな!』みたいな余裕の搭乗なんでしょうが、たまーにしか乗らない私のような人間には、飛行機にのるのって結構勇気いります。

もともとが心配症なので、そんな私がよく言われるのは『正確な情報を仕入れて、考えなさい』というお言葉。

根拠の無い不安でオロオロすることほど愚かなことはないよなと。

PAK853_kuukounoyousu14055811_TP_V

 

ではね、飛行機の事故確率ってどのくらいなのよ?
きっとデータはたくさんあるよねって、探してみたらすぐ見つかりました。
さすがウィキペディア

以下ウィキペディアより引用。

アメリカ国家運輸安全委員会 (NTSB) の行った調査によると、航空機に乗って死亡事故に遭遇する確率は0.0009%であるという。アメリカ国内の航空会社だけを対象とした調査ではさらに低く0.000034%となる。

アメリカ国内において自動車に乗って死亡事故に遭遇する確率は0.03%なので、その33分の1以下の確率ということになる。これは8200年間毎日無作為に選んだ航空機に乗って一度事故に遭うか遭わないかという確率である。これが「航空機は最も安全な交通手段」という説の根拠となっている。 


 8200年間毎日飛行機に乗っても事故する確率は1回あるかないかだって。

飛行機すんごい安全じゃん!!

それだけ安全な乗り物ですよ。
よく言われているのが、車が事故を起こす確率と比べれば飛行機は数段に安全といいますよね。

じゃ、自動車で事故を起こす確率はどれだけなのよ??そうなります。
すると、自動車事故に遭遇する確率は、1年間の内に事故に遭う確率は約0.9%。
100人いれば1人は事故に1年間の内で巻き込まれる計算ですよね。
大きい事故もあれば小さい事故もありますが、とりあえず100人に1人は事故に遭遇するのでなかなか高い確率のようにも感じます。

さらに、人が人生80年のうちに事故に遭う確率は約53%。

2人に1人は事故に遭遇するんですよ。
任意の自動車保険掛けてますか??
2分の1の確率で保険にお世話になる可能性ありますよ。

そのくらい自動車ってリスキーな乗り物でもあります。
実際に、私の友人で1年間に3回も事故を起こした人間もいますからね。
それだけ事故をすると保険でも『ブラック扱い』にされるとか。
ホントか嘘かは知りませんが、本人がその当時言っていた。

これでわかるように、飛行機って安全に安全を重ねて運行されるようになっているんです!!

飛行機にビビる必要ないじゃん!

でも、いざ飛行機に乗った時の『狭くて、鉄の塊がどうして飛ぶの?』という変な恐怖感は取れないんだろうなー。 

近々飛行機にのる機会がある方、飛行機は安全な乗り物です。

今更ですが。。。 

私ハヤスズも使った自動車保険比較