読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

これマジ!?腹式呼吸を意識しだしたら体脂肪率が下がっていた話

月に1,2回くらい体重計に乗って、たまについでで体脂肪などを調べたりする私。
つい先日、ちょっと気が向いたのでまた体重計と体脂肪率を図ってみました。

 

すると、驚くべき結果が。

 

3ヵ月前までは体脂肪率が20%程度あったんですが、その日は体脂肪率が17%台に低減。

 

3ヶ月前と何か変わったことがあったかな?と思い出したのですが、ここ3ヶ月以内で始めたことといえば、『瞑想』
そしてつい最近始めた『散歩』

 

きっと、『散歩』はつい最近始めたばかりだからいきなり体脂肪率が激減するような効果はないことでしょう。
となると、何かしらの効果があったのが『瞑想』ということになります。

 

そもそも『瞑想』を始めた理由は、心の乱れを整えたいという思いからです。

 

 

精神面が豆腐並みにもろい私なんで、心を落ち着けるためにと、こちらの本を購入。



『瞑想のやり方』が紹介されてます。
きっと、この本に限ったやり方以外にもいろいろな瞑想方法があるんだと思いますが、私はこの本に掲載されている方法で『瞑想』をしています。

 

では、この『瞑想』で自分にどういった変化があったのか。
私の『瞑想』がきれいにできているとは思えませんが、瞑想中は色々と考え込まないように、『今の状態』に集中するようにして、基本『腹式呼吸』です。

 

この『腹式呼吸』が結構練習が必要で、最初はずっと腹式呼吸を続けることも大変。
腹式呼吸に集中しすぎて徐々に苦しくなってきたりします。
それに、体の変な部分が痛くなって、普段いかに使っていない部分があるかがはっきりとわかります。

 

ただし『瞑想』を続けることで、徐々に『腹式呼吸』には慣れてくるので、まずは形から入ってみるのも大事ですね。

 

ここで表題に戻ります。
きっと体脂肪が落ちたのは、この『瞑想』による『腹式呼吸』のおかげではないかと。
腹式呼吸はふだん自然に呼吸するときよりも腹部をふくらませたり、へこませたりするので、この腹部の動きによって『何かしらの影響』が体に起こったんじゃないか。・・・という私の推測。

 

腹式呼吸で調べてみると、『内臓が動くことで血流がよくなり・・・』とかそんな効果がいろいろでてくるでしょ。
ということで、根拠ははっきりしないけど、『腹式呼吸』によって体脂肪率が下がったのではないかという私の仮説。

 

根拠がはっきりしないのでおすすめするわけにもいかないんですけど、『瞑想』すること自体は、『心の整理』ができて、忙しい毎日で頭がゴチャゴチャした状態を幾分かスッキリさせてくれます。

 

私は寝る前に『瞑想』をしてますが、『瞑想』した時の方が気持ち睡眠の深さが深い・・・ような気もします。