読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

組織に組み込まれているのに、組織という面倒な仕組みが嫌い。だけど組織について愚痴をこぼす面倒な人間

こんな面倒な人間が周りにいませんか???
一つの組織の中に組み込まれて延々と仕事を続けてきているのに、一方では組織として上司や部下といった形は嫌がるのに、一方では自分のことはさておき、組織のあり方をグチグチと語りたがるようなよくわからない人間。

お前は何様だと言いたくなる。
そんな面倒な人間は誰だい???

そうです。
私です。

 

さすがに、組織自体を全否定しるような酷さはないと自分では思っていますが、組織としてのあり方については・・・グチグチと言いたくなることもあります。

 

まー誰しもどこかの組織に所属していればそこでの不満はあることでしょう。
そして、それぞれが様々な種類のストレスを抱えていることでしょう。

 

そんなあなたに一度読んで欲しいのがコチラの本です。

 

ストレスゼロの仕事術
木村 英一
CCCメディアハウス
2012-09-05


 

前振り長くなりましたね。。。
そして、ただの本の紹介かよって思った方も、まあまあ、お付き合いください。 

 

組織に組み込まれていると、自分と上司との関係であったり、仕事上で不安や恐怖を感じていることなど、どこかにストレスを感じていて、ストレスがゼロの人間っていないんじゃないかと思います。
私も、常にどこかで不満であったりストレスを抱えていますからね。

 

そんななんとなく感じているストレスを明確にして、その解決する方法や手段を紹介している本です。

 

例えば、上司と自分の関係で不満があったり、うまく関係を築けないのはそれぞれの考え方や意図のすれ違いがあるんじゃないですか?といったことから、変化していくことは誰でも不安や恐怖を感じることだけれども、変化していける人間、組織こそが生き残っていくために必要な条件であり、その不安や恐怖自体も自分の意識の問題であるといったことを解説してくれてます。

 

この本を読んだからすぐにストレスとおさらばできるわけではないですけど、自分を変化させるひとつのきっかけは作ってくれる本じゃないかな。

 

また、自分の意識だけの一方方向で物事を考えているよりも、本を読むことで、また違う側面から物事を考えさせてくれるので、自分が何かにモヤモヤしているなーと感じている時にはなるべく本を読んで考えを整理したりするのも良いもんですよ。

 

しかも、今ならkindleで486円。
通常価格は1,620円ってなっているので、読むなら今でしょ。

ま、この手のストレスの解決方法などについては出版されている本もたくさんあるので、この本じゃなきゃってこともないんでしょうけど、読書が好きで、ちょっとした時間に読書をするような方には今がオススメ。