読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

退職希望者を身近に見てて感じたこと

今身近に退職希望者がいるんですがね。
退職理由を聞いていると、『自分の知識ではこの法人に迷惑を掛けてしまう』『この仕事に向いているとは思えない』・・・そんな理由を言い放っている。

 

では、私からその退職希望者を見てどう感じているかというと、その人の知識は、ある部分では法人内で一番知識を持っていると感じるし、到底仕事が向いていないとも感じることはない。
むしろ、私よりも従順に上の指示には従っていて、気持ちも優しく、真面目である。

 

これまで10年の勤務実績があることを考えても、『向いていない、知識が不足している』その2つの理由はそんなに当てはまっているようには思えない。
 
きっと本人が今上司に伝えている理由というのは退職の『建前』だよね。

 

私と同じように上司もその退職希望者については、まったく知識的にも人間的にも問題があるとは感じていない点でも退職の理由は『建前』である可能性が高い。

 

taisyoku

 

 

では、その人にとって『本音』はどうなんだろう。

 

個人的には、もう退職する意思を固めているのであれば、本音を語って欲しい。

 

きれいに退職していきたいから本音を言い出せない?
それとも、最後の最後まで本音を言えないような組織なのだろうか。

 

実際に私も個人的に退職の意志について話をしたこともあり、その際も建前に感じる理由を同じように話していた。
だけど、それは自分はそう感じていても、周りはまったくそんな風に見ていないし、感じてもいないということも正直に伝えたが、それでも本人の意志は硬かった。

 

だから、せめて転職経験者として伝えたのは、『次の転職先は在職中に決めておく方が絶対に良い』『周りがなんと言おうが、自分が幸せになる道を選んだ方がいい』という、わざわざ退職を止めるような話はしなかった。

 

それは、自分が退職する意思を決めているところにわざわざ慰留するような話はうっとうしいと感じたことがあったので。

 

では、肝心の『本音』はどこにあったのだろうか。

 

私が見ている限り感じたことは、2点

 

まずは、自分の上にフィルターを掛けてくれる人が必要だったんじゃないだろうか。

 

今の環境を見ていると、経営者クラスの役職からの指示が直接その人に指示として届いている状況がある。
その人にそこそこの役職がついていて、それ相応の研修や対応を受けたスキルが有ればまだしも、平職員であるにもかかわらず、直接経営者クラスの指示が届けられ、時には叱責されるような状態も見受けられた。

 

通常はその間に中間管理職と言われる人が入って、自分を守ってくれたり、指示を受けてから動きやすいように配慮する事もあっていいはず。
しかし、今の状況ではすべてが直接降りかかってきており、精神的にきつかったのではないだろうか。

 

次に、年齢の近い同性の先輩がいなかった。

 

先輩というのはたまには面倒な先輩もいたりするけれども、自分が直近の目標として見れる大事な存在でもある。
これは銀行にいる時に感じていて、5年上の先輩、10年上の先輩がいて、その上にそれぞれ役職を持った人たちがいたので、まずは5年後までにこの先輩のレベルまでにならないといけないといった、先輩の存在は直近の自分の目標でもあった。

 

しかし、その人には同性で年の近い先輩もいない。
常に自分が自分の道を作っていくような環境である。

 

ある人にとってはそういった自分で道を作っていくことになんら抵抗もなく、むしろその方がやりがいがあるという人もいるのだろうが、その人にとっては自分の目標になる先輩がいて、その先輩を目標に成長していく、させていく方が良かったのではないだろうか。

 

この時点で本人の意志が変わりようがないので、退職という道を選ぶことになりそうではあるが、法人にとって貴重な人材を失ってしまうことについて真剣に考えないといけないよね。

 

本人が本音で話してくれないのであれば、その人の立場になって考えうる対応策を考えていかないと、今後も同じような事が続くというのは個人の問題ではなく、組織としての問題点があるということ。

 

今回の件は1人の退職問題ではなく、組織の問題として考えないといけない・・・そう感じた出来事。