読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

パイロット?飛行機?どちらの技術かわからないけどすごいなと感じたある日

先日東京に行った帰りの話。
 
どうやら、鹿児島空港では天候の状態がよろしくないようで、飛行機が着陸できるか空港まで行ってみないとわからないとのこと。
しかも、午後になればなるほど着陸しにくくなりそうとの情報も入り、予定の16時の飛行機を急きょ14時台の飛行機に変更してもらい、少しでも鹿児島空港に着陸できる可能性の高い飛行機に変更しました。

 

なんせ、鹿児島空港に着陸できなければ、福岡空港に着陸するということだったので、もしも福岡空港に着陸されたら、鹿児島までの移動手段も自分で手配し、移動費用も自分たちで支払わないといけないという・・・さらに、移動時間だけでも4時間は追加でかかるとくれば、なんとしても鹿児島空港に着陸してもらわないと、とんでもない事態に陥ります。

 

hikouki

 

 

そんな不安感満載な状況で鹿児島空港行きの飛行機に搭乗して、飛び立ったわけですが・・・まー飛行機が揺れること揺れること。

 

日本全体で空のご機嫌がよくなかったのかもしれませんが、羽田空港を離陸してすぐに飛行機が揺れ始めます。

 

上昇中のはずなのになんか、体感的に落ちてない??みたいな状態。

 

それでも、しばらくすると機体も安定。
普段飛行機に乗りなれていないので、ちょっとした音や揺れにビビリやすいのはありますが、この時点で内心ドキドキです。

 

そして、鹿児島空港に近づいてくると徐々に揺れだしてきます。
若干ジェットコースターに乗ったときに感じる重力のかかっていないような気持ちの悪い状態を何回か感じつつも、ちゃんと空港に降りれるかの心配も出てきます。

 

たしかに、飛行機が降りていくと、軽い曇りくらいであれば次第に地上の風景が見えてくるのに、その日は全然地上の風景が出てきません。

 

もしかしてこれは地上が見えないから空港に降りれるのか心配しながら外を見ていると、『ドン!!』っと音と一緒に衝撃が・・・。

 

どうやら鹿児島空港へしっかり着陸できたようで・・・。

 

飛行機もよくできてるよね。
もちろん、パイロットの技術もあるのでしょうが、全然視界が悪くて目視では空港の位置もわからないのに、ちゃんと着陸できちゃうんだから。

 

個人的には拍手したいくらい感心していたんですけど、周りの乗客は至って冷静。
飛行機に乗りなれている人からすると、結構あることなのかな。

 

何はともあれ、無事に鹿児島空港に到着てくれたパイロットの技術に感謝!な一日でした。