いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

新電力は今すぐ電力の電源構成を開示するべき話

つい先日の新聞で、電力の電源構成を開示しているのは全体の約26%程度のようです。

ふむふむ、4社に1社しか開示していないわけね。

それって、社会的使命を果たしてなくない??
新電力のウリはどこも既存の大手電力よりも安くなりますよっていうのがうたい文句で営業をかけてきますが、それだけ??

sindenryoku6


私は家庭用の電力を計算したことあるんですけど、新電力より今の九州電力の方が安いと計算されました。

そうなると、どこに新電力の存在価値が出てくるの?

まず、電源構成の開示は、絶対に今後必要でしょ。
営業用のパンフレットには太陽光発電所の写真を載せているのに、電力の調達は九州電力や電力の卸市場から調達しているので、電力の調達構成はわからないなんて言ってたら、新しく市場を広げていこうとしている事業者としてどうなの?
安いだけしかウリがない電力会社ってどうなの?
安さ勝負に勝てないのであれば、その新電力会社はどうするの?

少なくとも、調達電力の内どれだけ再生可能エネルギーが入っているか原子力発電が入っているかの開示がないと、安いだけのメリットじゃちょっと物足りないんじゃないの。

中には再生可能エネルギーの電力しか使いたくないって人だって絶対います。

私も、原子力発電所で作られた電力よりは、少しでも地球にやさしい手段で作られた電力を使いたいという意識はあります。

少しくらい高い電力だろうが、地球にやさしいなら、将来に負担をかけないのであれば、自然エネルギーにこだわって電力を購入したいって意識の人少なくありません。

実際に、プリウスのようなハイブリッドカーにも言えますよね。
トータルの購入費や維持費をガソリン車と比較したときに、実はそんなに費用負担は変わらない。
だけど、地球の為に、住環境の為にやさしいのであれば、ハイブリッドカーに乗った方がいいよねって選択肢と同じです。

さらに、今は電力の安さ勝負が主流のようですが、この電力の質、中身についての視点が新しい視点として問われてくるんじゃないでしょうか。

電力の購入として高いけれども、自然エネルギーを使いたいという消費者であれば、不毛な電力安売り勝負に巻き込まれずに済みます。

もちろん、ちゃんとどこで作られて、どういったエネルギーから生まれた電力であるかを証明する方法も担保されていないといけませんが、安さ勝負から一歩抜け出たい時、電力構成の開示というのは安さだけでないもう一つの視点になるのではないでしょうか。

『安いよ、安いよ』だけの営業はもうそろそろおしまいでしょ。

安さに惹かれる人ももちろんいますが、それはどこの新電力会社も同じです。
多すぎて比較が大変なくらい。
では、次の視点として、どれだけ地球にやさしいエネルギーを調達してきているのか。

電源構成の開示は必須義務として開示していってほしいです。