読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

発達障害者支援法が10年ぶりに改正、だけど身近に感じる問題点

発達障害者支援法が10年ぶりに改正されるようですね。
どうやら、発達障害者が就労しやすい環境を整えるところに重点をおいてあるとか。

 

しかし、発達障害者を身近に見ていると、そう簡単な問題ではないように感じます。

 

発達障害者と仕事をすると、とにかく周りがその人のフォローをしていかないといけない為、正直、周りが疲弊してきます。
発達障害者とわかりながらも、労働力として働いてもらう以上、少しでも組織の為になる仕事をしてもらうことが望まれます。

 

しかし、現実はその人がかかわったことのフォローをする必要がありそのフォローをすることに他の人の労働力を奪われてしまう現実が少なからずあるんです。
 
P_20160526_202633

 

もしも、発達障害を起因として何らかの障害者認定まで受けているようであれば、一定の雇用者数以上の事業所は障害者を雇用する枠があるので、その枠の中で採用する『障害者を雇用するメリット』もありますが、発達障害者だけど、障害者の認定を受けていない、受けられない場合、そのメリットさえないので事業者は発達障害者の雇用には中々積極的になれませんよね。

 

例えば、よくある助成金でひとり親や高齢者を雇用すれば、助成金を出しますよといった制度もありますが、この助成金の場合、まだその対象者は労働力と計算できるのでその人を雇用して、さらに助成金を受けることができるメリットも享受できます。
しかし、発達障害者を雇用すれば助成金を出しますよといった同じような助成金制度が仮にできたとしても、長い目で見れば、組織にとって必ずしも労働力として計算できるかといえば、なかなか難しいところがあります。
 
一時的な助成金目当てで雇用を生んだとしても、長期の視点で考えると発達障害者の雇用は色々な影響を考えてしまい躊躇してしまいます。

 

それでも発達障害者を雇用するのであれば、雇用する意味として各事業所、企業が社会的な貢献を意識した動きでなければ、発達障害者の雇用は生まれにくいのが今の現状ではないでしょうか。

 

これは、決して発達障害者を否定しているわけではありません。

身近に見ていて感じること、ただ社会として取り組まないといけないこと、それを現実レベルで解決するにはどうあるべきかを真剣に考えて欲しいんです。

 

今回の改正内容はざっくりにしか情報を知りませんが、現実的に発達障害者の雇用が生まれる、維持されるような取り組みになっていればいいなと、家族に発達障害者を持つ人間として感じるところです。