読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

鹿児島銀行のATMで休日手数料を取られて本気で住信SBIネット銀行をメインにしたい

つい先日、久々にATMからお金を引き出すことがあって、しかもよりによって休日にその必要があったんですよ。

もちろん、休日にATMを利用すると利用手数料がとられるのもわかっています。
しかも108円。
もうちょっとだせば、自動販売機でジュース1本買えるじゃないですか。

それでも、致し方ない時はATMを使ってお金を引き出さないとどうしようもないので、覚悟してATMを利用しました。

やはり、休日のATM利用は少ないですよね。
人気のない、というより、誰もいないATMコーナーでお金を引き出しました。
みんな休日は手数料かかるのわかっているから、休日に利用するのはよほど急にお金が必要になった人か、手数料なんて気にしないぜという、ワイルドな生き方をしている方なのでしょう。

ATMを利用後、取引明細にはしっかりと『手数料108円』の記載が・・・。

わかっちゃいるけど、わかっていたけど、やっぱりこの手数料は悔しい。

そんなことで、本気でネット銀行にメインを変えてやろうかという気持ちがメラメラと湧いてきました。

honoo

 

 

ここでメイン銀行を変更する課題は3つ


まずは、給与振込が鹿児島銀行に限定されている件

職場の給与振込が鹿児島銀行に限定されています。
これは、自分でどうすることもできない問題です。
この件については、住信SBIネット銀行の『定額自動入金』である程度解決はできそうです。

というのも、定額自動入金サービスを利用すれば、毎月自動で特定の通帳から住信SBIネット銀行の口座に資金を移動してくれます。
私もすでにこのサービスを利用しているので、毎月の給与相当額を一度設定することで、自動で設定した金額を移動してくれます。

ただし、特定の通帳から引き出す日付と住信SBIネット銀行の口座に入金する日付のズレが数日あるので、この点は注意が必要になりそうです。

続いて、各種公共料金の引き去りが鹿児島銀行に集中させている件

口座振替になっているものはすべて鹿児島銀行に引き去りを集中させています。
ただし、私の場合は、ある程度クレジットカードを経由しての支払いにしているので、クレジットカードの引き去り口座を変更させれば、8割がたの支払いは完了するので、ここはちょっとの手間で済ませられそうです。

もしも、通帳から直接口座振替にしている数が多い方は、この引き去り口座を変更する手間が大変ですね。
住信SBIネット銀行のホームページから口座振替ができる企業へのリンクが貼ってあるので、自分で一つ一つ探すよりは、このページを使えば探す手間は省けるかもしれません。

住信SBIネット銀行ページ

最後に実店舗が近くにない。

ネット銀行は実店舗が近くにありません。
だからネット銀行と呼ばれるわけですが・・・。

だけど、実際に鹿児島銀行をメインに利用していても、実店舗に用事があることほとんどありませんよね。

ATMであれば、近くのコンビニにATMが設置されていますし、実店舗に用事があるとすれば、融資を受ける時か通帳の繰越くらい。

この点、住信SBIネット銀行はATMであれば、セブン銀行イオン銀行、郵便局のATMが利用できますし、肝心の取引手数料も、ランクによって異なりますが、月2回~最高月15回までは無料で利用できるので、急にお金が必要になっても、手数料がとられることはほとんどないです。

それに、ネット銀行ということで、ほぼネット上で取引が完了することに力を入れてあります。

通帳そのものが存在していないので、ネット上で取引履歴などを確認できるようになっていますし、融資であっても、ネット上で完結できるように準備してあります。

うん、実店舗が近くにある必要・・・ないよね。

なんとなく、ネット銀行に変更すると面倒かなと考えていましたが、一つ一つを押さえていくと、案外ネット銀行でも不便なく利用できてしまいそうです。