いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

カードローンキャッシングの会社について理解しよう

これまでカードローンやキャッシングについては、完全否定派でしたがようやくこの分野に踏み込んでみようと決心しました。

まずは、完全否定派の意見としてはカードローンやキャッシングについては消費者にどういったメリットが得られるものか理解ができなかったということがあります。
これはちょっとした食わず嫌いのところもあったのかもしれません。

それに、これまでその日一日のお金に困るようなことが一度もあったことはありませんでしたし、お金が無いならちょっと我慢したら良いじゃないのというのが完全否定派の意見です。

しかし、周りを見渡していみると、自分が毛嫌いしているカードローンやキャッシングの会社は今日もしっかり運営されており、そこには利用もちゃんといるってことですもんね。

特にパチンコ屋さんの隣には消費者金融系のキャッシング会社が元気に運営されているのはなんとも象徴的。

cardroan

 

 

それでは、早速カードローン・キャッシング会社について調べてみた。

まず、カードローン会社には色々ありますが、大きな分類で『銀行系』『信販系』『消費者金融系』の3分類に分けられます。

はじめに銀行系カードローンです。

銀行が母体となって運営されているものを一般に銀行系カードローンと呼び、信用力が高く、また金利もそう高くないため、カードローンが初めてで警戒心がある人でも銀行系カードローンなら安心して利用しやすいです。

私も地元鹿児島銀行のカードローンはお付き合いで作っています。
完全否定派なのに、お願いされると作らないわけにもいかずに作ってます。
しかも、銀行員時代にはお客さんにお願いして作ってもらっていた立場なので、そんな人間がお願いされて作らないなんて、あんまりですよね。

また、どこの銀行でもこういった個人向けのカードローンを推進している期間があったりするので、気づいたらカードローンを作っていたという人も少なくないのかも。

続いて信販系カードローンです。

信販系カードローンとはオリックスオリエントコーポレーションなどのクレジットカード事業を展開している企業が発行するカードローンです。

もともとクレジットカード事業で個人の信用情報を取り扱うのは得意分野ですし、ノウハウも蓄積されています。

金利などは消費者金融系のカードローンと比べると同程度の金利水準になりますが、普段クレジットカードを使い慣れている人からすると、カードローンを作って、利用するときの抵抗感が少ないかもしれません。

最後に、消費者金融系カードローンです。

消費者金融系といえば、一時期取り立てなどで話題にあがるようなこともありましたが、ご存知アイフルアコム、プロミスといった企業が展開しているカードローンですね。

今では昔とは異なり、決められた金利水準で、おそらく決められた範囲内での返済依頼をしていることと思いますが、カードローンキャッシングでイメージが強いのがこの消費者金融系のカードローンです。

今では、アイフル三菱東京UJF銀行グループですし、プロミスは三井住友銀行グループに属していますから、そうそう無茶なことはしていないでしょうね。

金利についても最高18%程度で借りる人の信用力に応じて段階的に金利も設定され、融資までの対応が素早いのがこの消費者金融系のカードローンの強みなので、すぐにお金が必要になる時には一番使い勝手がよいカードローンともいえます。

カードローンキャシングの理解として、まずはこのあたりから理解していきましょうかね。