いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

面接試験で緊張しないために、何のための面接なのかを考えてみよう

通常、一般の入社試験では面接試験が必ずあります。
筆記試験は無くても、面接試験がないところはまず無いですよね。

では、単純に考えて、面接試験は「なぜ」行われるのでしょうか。

例えば、一人の就職志望者がいたとして、その人が、その会社にとって求めているような性格、考え方の持ち主であるかを見極めるためです。
 
これには人間性はもちろん、、社会人として最低限の身だしなみ、立ち振る舞いができているのかどうか、礼儀作法がしっかりと身につけているか、そして、その人の対人上でのコミュニケーション力をはかるというのも大きな目的です。

履歴書も問題なく、筆記試験でも合格ラインを突破したのですから、そんな人材ならほぼ「問題ない」という考えのもとで、最終的に「チェック」したい、というのが企業側の意図であるケースが大半です。
 
mennsetu

 

しかし、大きい企業になればなるほど、多くの面接試験がありますよね。
最初は人事部の担当者レベル、次に、人事部長、最終的に役員との面接とその面接の過程で徐々に就職希望者がふるい落とされてきて、最終的に残ったメンバーがようやく内定を手に入れられることになります。

面接試験で落とされると『チェックだけなのにどうして落とされるんだ』って言いたいこともあるかもしれせん。

最近では面接試験のシュミレーションまでしてほぼ全員と言っていいほど多くの学生が面接試験の特訓を受けた後に就職戦線を戦っていることでしょう。
だから、表面上はその学生も上手に面接試験を受けていることと考えられますが、実は別の考え方もありますよね。

それは、面接試験で適正がないと判断されたほうが幸せな場合もある。


これは、私にも言えることですが、就職先の内定をもらうことが目的になっていると、面接試験では自分に無理をして面接の受け答えをしていることもありますよね。
例えば、大企業に入りたいということが目的になっていると、その企業にあわせた面接試験対策をとりがちで、実際に希望していた企業には入れたとしても、それが『働き方』として幸せかどうかはわかりません。

これって自分のことに繋がるんですけど、『金融機関に入りたい』という目的だけが優先して、希望通りには入れたけど、実際に自分がイメージしていた働き方とは違ったんですよ。

もしかすると、金融機関の面接試験にすべて落ちて、他の可能性をその時に考えなおしていれば、遠回りをすることもなかったのかもしれません。 
 
こういったことを考えて知っておけば、面接試験はそんなに緊張する必要もないです。

希望の企業の面接だとついつい力が入りすぎてしまうかもしれませんが、面接試験は企業としてあなたがその企業にふさわしいか、その企業で働き続けていけるかを見極めようとしているわけですから、無理してその企業に入るよりも、もっと違う視点で考え直すきっかけにもなります。

どうしても面接で緊張してしまうという人には、面接試験は、自分がその企業で働いていけるかどうかも含めて、複数の『人の目』で最終チェックをしてくれているんだと考えてみると、気が楽になりませんか。

人事部にいると多くの人を見てきているわけですからね。
そういった人を見るプロが自分を見極めてくれているんです。
『作り上げた自分』ではなく、『本当の自分』で臨みたいですね。