読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

大隅半島観光ならココ!南大隅町の雄川の滝はとんでもなく癒やされる空間

このゴールデンウィークの連休中にはいろいろと子どもと遊ばせてもらいましたが、私の中ではこの『南大隅町雄川の滝』が一番よかった。

滝といえば、雄川の滝近くに錦江町の神川大滝と言われる滝もあって、その滝も豪快に水が流れ落ちているので見応えがあるんですけど、雄川の滝はまさに『癒やし』空間
同じ滝でもタイプが違うよね。

ただね、このゴールデンウィーク中に行くのはちょっと失敗だったかな。
普段がどれだけの人が来ているかはわからないけど、その日はとにかく県外ナンバーの車も多くて、しかも滝に続く遊歩道までの道がかなり狭かったりして、遊歩道入口にたどり着くまでに車が大渋滞。

車道が狭いのはもちろん、途中のちょっとしたスペースに車を停めて滝に向かう人もいたりと、休日出勤の南大隅町役場の人も車の多さにてんてこ舞いになっている様子でした。


 

そんな中、遊歩道入口までの大渋滞につきあっていられないと、途中の空き地のような場所に車を停めて歩いて行く事にした我が家。
とりあえず、遊歩道入口までが2キロ程度とのことだったので、そのくらいなら子供も歩けるだろうと歩いて行ったんですけど、これが結構大変。
車が渋滞しているのをよそ目に隙間を歩いて行こうと考えていたのですが、人も通れないくらいの渋滞になっていて、 結局車の渋滞の様子を見ながら歩いて行ったので、そのまま車の渋滞の流れに乗って遊歩道入口の駐車場を目指したほうが良かったのかもしれません。

そんなことで、なんとか遊歩道入口までたどり着いたのですが、実は遊歩道というだけあって、雄川の滝までそこそこ距離があるんですよ。
その距離1.2キロ。

遊歩道入口まで2キロですよね。
そこから更に1.2キロ追加で結局片道3.2キロの距離を歩くことになりました。

久々にいい運動させてもらいましたよ。

こんな苦労もあり、ようやくたどり着いた雄川の滝がコチラ。

ogawanotaki1

 
前日の雨の影響もあったのか、滝の水が多めです。
普段はまだ水量が少ないようですが・・・。

ogawanotaki2

 
これは滝の右側の方。

そして、最初に間違って行った雄川の滝上流展望所からの写真。
奥に見えるのは九州電力の施設。

ogawanotaki3


わざわざ、雄川の滝の上流にも行ったのかと思われるかもしれませんが・・・間違っていきました・・・。

雄川の滝は雄川の滝と上から見れる展望所と滝壺側から見れる場所があるので、もしも雄川の滝の滝壺に行きたい方は、途中の道を間違えないように気をつけて欲しいです。

我が家は、滝壺側への道がわからずに、道を歩いていた町民の方に教えてもらいました。 

ちなみに、滝壺に続く遊歩道は、トレッキングくらいのつもりで行ったほうがいいかもしれません。
普段着でも問題なく行けることは行けますが、途中の道はそこそこ起伏があったりするので、夏であれば滝壺のたどり着くまでに汗びっしょりになるくらいの運動量にはなるようなところです。 

雄川の滝遊歩道駐車場までの地図はコチラ