読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

心が弱りそうなときにポジティブになる方法を探すために読んだ本

誰でも年に数回は心が弱っている時期がありますよね。

私も心が強い方ではない・・・と自分で思っているので、心が弱っているなと感じるときには、本に答えを求めようとしています。

本はいいですよね。
心が弱っているときは人とコミュニケーションを取って解決することもあるけど、反対に人と接することで余計に傷口を広げてしまうことも少なくありません。
しかし、本であれば、自分でその道のプロの考え方や解決方法を受け入れて、自分で解消していくこともできます。

心が弱っているのは、自分のその時の考え方や心のあり方一つだったりするのですが、その時はそう軽く考えられない状態になっているので、本を読むことで気づき直すこともあります。


 

 そこで、今回私が読書に励んでいるのがこの本達。



最初にメンタリストDaiGoさんの本。
そうです、あのテレビに出演して芸能人の心を読みまくっているメンタリストDaiGoさん。

もともとテレビで見ていて、この人はどんな思考をしてどんなことを考えればこんな事できるんだって思っていたのですが、しっかり本も出版しているんですね。

この本から私が受け取ったことは、『とにかく考える前に行動しよう』です。
例えば、仕事でもこれからのプランを頭の中で考えて準備ができてからスタートしようと考えていても、考え過ぎると気持ちがノッてこずに、かえって行動ができなくなることがありますよね。

それよりも、行動を起こしていけば、行動すること事態がスイッチになって、もっと良いプランや精力的な行動ができるようになるんだって。
これは確かに実生活でも実感していることなので、きっとそうでしょうね。
プランはモヤッとした考えのままでも、手を進めると意外と頭にプランが浮かんできたりします。
このブログを書くこともそれに近いかも。

何を書こうかモヤッとしていることを、とりあえず手を動かして動かしながら書いているので自分が最初に考えていた内容と書いている内容が変わってくること珍しくありません。
それでいいのかどうかよくわかりませんが、『とにかく動け』という一つの実例。

また、自分を変えていくには周りの環境を変えていくということも本の中で書いてあったり、とても読みやすかったですよ。

続いて、心を整えるために何か無いだろうかと考えた時に見つけたのがこの本。



ちょっと出版は古いですが、瞑想をしてみようと購入してみました。
なんで瞑想?と思われるかもしれませんが、理由はないです。
ただ、これまで自分がしたことはなかったけど、やってみたらどうだろうってことで瞑想の本を読んでみました。

この本の内容は、まさに『瞑想のやり方』です。

もちろん、瞑想のやり方だけでなく、瞑想をすることで得られる効果やその効果が得られる理由も説明してくれています。

では、この瞑想をすることでどう変化があったか、自分の体験で話をすると睡眠の質が良くなった。

最近夜中に目がさめることが多くて、睡眠の入りが浅いなって思っていたんですけど、瞑想をするようになってから睡眠が深くなったのか、寝たら朝までぐっすりということが増えてきました。 
これが瞑想のおかげか気候のおかげかははっきりとはしませんが、とりあえず深く睡眠ができるので、当分は続けてみようと思っています。

また、瞑想をしていると昔の記憶が頭のなかによく出てきます。
小学校時代の記憶や中学校、高校時代の記憶がふわっと頭のなかに出てくるんです。
これにどういう効果があるのかはよくわかりませんけど、瞑想することは頭のなかを整理することって書いてあったので、頭の中を整理する時に過去の記憶が頭の中にふわっと出てくるようになっているんですかね。

やってみて不利益があることはないので、騙されたと思ってやってみるのもいいじゃないでしょうか。 
忙しい毎日の中に、目を閉じて心を落ち着けるだけの時間を作るってのもいいもんだなと思います。

以上、心が弱っている時に読んだ本の紹介でした。