いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

九州電力管内で業務用季時別電力Bを利用中なら、新電力の部分供給に注意!!

個人向けの低圧電力が自由化になり、以前にもまして新電力会社から電力供給を九州電力から変更しませんかという問い合わせが、ここ最近増えてきました。
もともと、病院が契約しているような高圧の電力は自由化されていたので、今年4月からの電力自由化が直接影響しているわけでもなさそうですが、新電力会社もココぞとばかりにシェアを奪っていこうと頑張っているんですかね。

そこで、今回もまた新電力会社から電力供給に関して提案をしたいということで、新電力会社の営業マンとお話させてもらいました。

提案の内容としては、今の九州電力契約よりは安い提案内容になっていました。
そりゃ、今の九州電力の契約より安くならなければ、提案する意味無いですからそうなんでしょうけど、その中で気をつけないといけないなという話が1点。

それは、『もしも今の契約が九州電力の業務用季時別電力B契約であれば部分供給に要注意』


新電力の多くはこの『部分供給』という方法で提案を持ってきます。
部分供給とは、ベースになる電気契約は九州電力と契約をして、変動幅のある部分は新電力と契約をするんですね。
パターンとしては3パターンあるようで、経済産業省の電力システム専門委員会に参考資料があったので引用させてもらいます。

bubunnkyoukyuu

私がこれまでに見たことがあるプランはパターン1の契約を進める新電力会社が多い。
というより、パターン1しか見たことが無いですね。

このベース契約を気をつけないといけません。

もしも今、業務用季時別電力B契約をしていて、電気料金が安くなるから、この部分供給を使って新電力より電気の供給を受ける契約をすると、今利用している業務用季時別電力B契約では契約できなくなるそうです。

というのも、業務用季時別電力B契約自体が九州電力の契約で裏メニュー的な契約で料金表の表に出てきていないプランなんですね。
正確にはそれぞれの企業が個別で電気料の単価などを交渉して決まるメニューになるので、同じ業務用季時別電力Bでもその内容は全然別物になるんだとか。
なので、もしも部分供給で新電力より電気の供給を受けるようなときは業務用季時別電力B契約ではなく業務用季時別電力A契約を利用することになるようです。

では、業務用季時別電力Bと業務用季時別電力Aではどういったメリット、デメリットがあるの?ってなりますよね。

業務用季時別電力Bと業務用季時別電力Aの違いは、基本料金と電気利用単価が異なります。
 
業務用季時別電力Bは基本料金が業務用季時別電力Aより高いですが、電気利用単価が安く設定されています。
これに対して業務用季時別電力Aは基本料金は安いですが、電気利用単価が高く設定されています。

ちなみに、業務用季時別電力Aの契約内容は九州電力のホームページに表示されているので、参考にしてください。

九州電力ホームページ 

ということは、電気の利用量が少なければ、 業務用季時別電力Aの方が九州電力への支払いが少なくなることもあるようですが、基本的には電気の利用量が多いところにちょっとでも有利になる裏メニュー業務用季時別電力B契約を適用していると思われるので、部分供給にして電気料金が一時的に下がったけど、また業務用季時別電力Bに契約を変更したいとなっても、部分供給契約後に再度業務用季時別電力Bでの再契約はできないということなので、業務用季時別電力Bで現在契約をしている企業であれば、新電力との契約は慎重に行ったほうが良いでしょうね。

電気料金が安くなることばかりをアピールしてくる新電力会社もこれから増えてくると考えられますが、今九州電力と契約している契約内容が、実は一方通行の契約の場合もあります。

一度契約を外すと、また同じ契約内容で契約できないことは法人もありますが、個人でもありますので、料金は安いけど『本当に新電力で良いのか?』を慎重に考えて欲しいです。 

せっかくお得なメニューで今利用ができているのに、わざわざ新電力に乗り換えたことでそのメニューに戻れなくなると長い目で見るととてももったいない話です。