読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

【250記事目】記念にブログの文字数について

いよいよ250記事目です。
200記事の時も節目として記事にしようと思ったら、気づいたら200記事を過ぎてました。

とにかくこれまで一つのブログで250記事書いたことはなかったので、自分の中では相当続いている方です。

これからどこまで続くのか?


今の時点では自分の『記録』として、その時その時に経験したことや感じたことを書いていく予定なので、今の更新ペースが落ちていくことは十分考えられるけど、更新を完全にストップしたり、ブログを廃止することはないだろうと、そう考えているところです。

では、250記事目の記念で何について書こうかなって考えたのですが、ブログが続いていることで、ブログそのものについて語ってみようかと。
もともと、SEOや分析結果について詳しく調べたり考えたりしたことがないので、『ブログ論』を書くことって苦手なんですが・・・たまには自分なりの意見として書いてみようと。

今回書くことは、しっかりした分析や数字があっての意見ではないので本当に自分の感想です。

kijisuu

 

 

ブログで書く文字数について。

自分でブログを書くようになって、自分のブログだけではなく、他の人はどんなことを書いたりしているのかなと他人のブログ巡りもするようになったんですが、その中で気になるのがブログ記事の文字数。

ちなみに、今書いている記事でこの辺りで500文字あります。

どうして文字数が気になるかというと、文字数が短すぎても、長すぎてもブログって読みたくなくなったりするじゃないですか。

文字数が少なすぎるブログだと、大した内容ないなとか、わざわざブログで書かないでもいいことかもなって思ったり。
短いから価値が無いとは言いませんが・・・ブログでわざわざ書くのであれば、ある程度の物語もあったほうが読んでいて楽しい気がします。

また、文字数が多いブログ。

これは、SEOを狙っている人にとっては文字数が多いほうが評価が良いとか見たりしますが、読む側とすると文字数多すぎても途中で飽きてきませんか。

私は、よっぽど興味がある内容、楽しい内容でなければ、4000~5000文字あたりを超えてくるとその記事に飽きてくることが結構あります。

記事を読んでいる私の心理状態を表すと、

1000文字前後

おもしろいこと書いているな、まだまだ読んでみたい。
ただ、この辺で終わるブログはちょっとお腹いっぱいになりきらない。

2000文字前後


面白い内容や興味がある内容であればまだまだ読んでみたい。
ただ、なんとなく読んでいるブログならこの辺りでお腹いっぱいかな。

3000文字前後


そろそろ飽きてきた。
内容次第では、この辺りで記事の途中でも離脱しちゃうかも。

4000文字前後

興味がった内容で、面白くまとめてあるけど・・・それでもそろそろいいかな。
読むのに疲れてきたし、指のスクロールも疲れてきた。

5000文字前後


これだけ書けるってすごいなー、だけど、飽きた。
もう離脱します。

こんな感じ。

これは読み手としての私の問題もあります。
ただ読み手として根気がないだけかもしれないし。

それでも、ブログは読んでもらって初めて価値があるものじゃないですか。
ただ自分の日記として記録しておくのであれば、わざわざブログじゃなくてもいいんですよね。

ブログで発信するってことは、自分の経験や考え方を誰かに共有してもらいたいって気持ちもあってブログというツールを利用しているわけですから、そこには常に相手がいて、読みやすいように発信する必要があるかなって思うと、『読みやすい文字数』ってのはこだわりたいところなのかなと。

参考までに、このあたりで1500文字程度になります。

なんとなく読んでいる方にとってはそろそろお腹いっぱいな気分になってきたんじゃないですか。
もう締めますからね!

ということで、SEO的にはいろいろ文字数についてもあるのでしょうが、個人的には読み手の読みやすさや読んでいる負担感をあまり感じないようなブログを書いていければいいなというのが私の意見

長い記事を書けない負け惜しみ・・・かもしれないけどwww