いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

平成28年熊本地震の状況を見ていて九州の活断層が気になった話

平成28年熊本地震びっくりしました。
私の住んでいるこの鹿児島県大隅半島でも揺れましたよ。

珍しく緊急警報でスマホがなった後、1分後くらいにユラっと横揺れがありました。
ここ大隅半島でもそのくらいの揺れがあったくらいですからね。
現地の揺れってどんな揺れだったのか、考えるだけでも恐ろしい。

実際に、ニュースから流れてくる現地の状況を見るとどんだけ揺れたらそうなるのって光景ばかりが報道されているので、早く普通の生活ができるようになるように祈るばかりです。

私も、熊本市に2年弱住んでいたことがあるんですよ。
割りと市内の中心地に近い場所に住んでいて、熊本城にも仕事のサボ・・・いや、休憩のために私の憩いの場所としてよく利用していました。

その熊本城の城壁も崩れてましたよね!
あの石垣が崩れるのか・・・400年もの間熊本城を守ってきた石垣が一発の地震であんなになるなんてね。
ホント、今回の地震っていうのは思ってもないところからきてますよ。 

ただ、今回の地震は熊本に走っている断層からきているみたいですね。
テレビで流れる断層の写真を見て気になったんで、私も調べてみると、『地震調査研究推進本部』 からの出典で九州の断層図を見つけました。


 

 ということで、 『地震調査研究推進本部』 さん出典させてもらいます。

jisinkyuusyu

 
赤い線が断層の走っているところです。
改めて断層を調べてみると、九州にも結構断層あるんですね。
そして今回の地震に関係しているのが熊本に走っている『布田川・日奈久断層』。
たしかに熊本の中心部に断層走っています。

ちょっと気になるのは、大分の別府湾あたり、この前家族旅行で行きましたけど、断層が走りまくってるじゃないですか。

ただ、九州って地震がないことはないんですけど、そこまで大きな地震が起こっているイメージが無かったですよね。
そこにきてこの震度7の大地震
まさに油断しているところに自然災害はやってくるんだなって痛感させられます。

では、我が鹿児島県はどうなっているのかというと、薩摩半島に一部かかっている断層はありますが、大隅半島には断層ってないです。
私も大隅半島地震はあっても、大きな地震はこないから、住宅立てても地震保険はいらないでしょって思ってましたもん。
今のこの時期にそんなこと言っていると、自然を舐めるなって言われそうですが・・・。

ただ、損害保険会社にも聞いたことあるんですけど、南九州の方は地震保険の料率も他の地域と比べると料率が低いということを聞いたことがあるので、きっと断層の有無や地震の記録と付きあわせた時に、地震のリスクは低いところなのかな。
実際に、私がこれまで経験した地震で、大隅半島で大きな地震が来たのは、5弱くらいが一番大きいんじゃなかったけ。 

とはいっても、断層がないからって地震が起こらないってわけではなく、たまたま断層が発見されていないだけであって、日本に住んでいる以上は地震がやってくるって意識も大事なようですが・・・。

ホント、地震てやつは、忘れた頃に突然やってくるから厄介な災害だよ!