いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

桜島噴火と大隅半島住人の心の中

最近はまた桜島が目を覚ましてきたようで・・・。

昨年途中からあまり噴火しない日が続いていたんですけどね。
ここ最近では1日に数回のペースで噴火が増えてきている。
そんな私は、最近桜島の噴火通知メールの設定をしました。

桜島が噴火して大隅半島方面に灰が到達しそうなときはメールで通知をしてくれる、鹿児島に住んでいると欠かせない情報です。
ただ、鹿児島に住んでいると噴火しなければしないでちょっと不安にもなるので、ほどほどに噴火していてくれた方が鹿児島県民にはいいのかもしれません。

それに、鹿児島市内から噴火している桜島の姿って、いいですよね。
ただし、残念なことに大隅半島に住んでいると、噴火している桜島の姿を見ることできません。
垂水市とか沿岸部に住んでいる方は見れますが、大隅半島のほとんどの地域では噴火の姿を見ることないですもんね。

そういった意味では、噴火している姿を鹿児島市内から見るのは鹿児島県にとってやはり重要な観光資源。

そんな桜島が噴火した時の大隅半島住人の心の中です。

haikan
 

 

鹿児島市内に灰が流れているとき

『やったー、いっぱい流れろー。』

大隅半島方面に灰が流れているとき

『うわー、最悪ー。』

こんなことを思っているのは私だけ・・・?
性格の悪さを表している・・・?

だけどね、大隅半島に住んでいると絶対みんなそう思うよ!!
得ている利益よりも、損していることの方が多いもんね!

テレビで桜島が噴火して、鹿児島市方面に流れている様子を見たときに、『市内は大変なことになってるなー。』と冷静に見れる大隅半島住人。

だけど、大隅半島に流れてきたときは、これが最悪。

鹿児島市内に流れたときは、その様子が桜島から錦江湾を超えて流れてくる様子がはっきりと見れるので、ニュースの絵面がいいんですよ。
それに、人が多いから、灰に降られて困っている花見客の様子なんかもたくさん見られるでしょ。

それに対して、大隅半島に流れてきたとき、陸つながりで灰が流れてくるので、垂水市の沿岸部に住んでいない限り、桜島の灰が流れてきている様子はそんなに手に取るように見えません。
鹿屋市に届く時は、山を越えてやってきますからね。

要は絵面がそんなに良くなく、大したニュースにもならない。

同じ鹿児島県に住んでいるのに、この扱いの差は何?

  • 同じ桜島という観光資源を共有しているのに、普段の桜島の眺めもそんなに楽しめない。
  • 灰が降った時の扱い方も薄い。
  • そのくせ、灰の流れてくる割合は圧倒的に大隅半島方面が多い。

そりゃ、性格もひねくれますわ。笑 

これって、鹿児島市内の人はどう感じてるんだろうね。
大隅半島に住んでいる住人・・・いや、私に限っては、『もっと流れていけー』ですよ。
鹿児島市内に住んでいる人も、大隅半島に流れている様子が見れるとそう思っているのかな。

まー、そこの気持ちの持ち方はお互いさまってことで。