いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

他人の預金は集めるのに銀行員の預金が増えない、銀行員特有の3大出費

銀行員って預金集めますよね。
銀行によってはそんなに預金には力を入れていないって銀行もあったりそこは銀行の事情によりけりでしょうが、とりあえず、銀行員の仕事としては預金を集めることが銀行員の仕事の一つです。

 

私も、新卒で入行して、最初に課せられたノルマは夏のボーナスキャンペーンでしたよ。
この時はさすがに頑張りました。純粋な気持ちで。

 

そうやって、お客さんから預金を一生懸命集めている銀行員が自分の預金は増えないんですよね。

 

ま、入行したばかりなので給与もそんなに高くないのですが・・・。

 

ただ、私が今の仕事に転職した時、銀行員時代と同じくらいの給与だったんですね。
すると、給与はそんなに変わらないにも関わらず、自分の預金通帳の増え方は3倍以上

 

銀行員時代はよくて年間50万円。
ただし、転勤があったり、交際費の出費が多かったりすると年間でトントンくらいだったってこともありました。

 

それが、転職した途端に預金の増え方が3倍以上ですよ。

 

では、何がそんなに違うのというと、やはり、銀行員特有の3大出費でしょう。

 

syuppi2

 

 

まずは、銀行員には必ず転勤がある。

 

今の仕事は、転職してすぐは自宅から通勤をしていました。
しかし銀行員時代は、自宅から通える可能性かなり低いです。
県内にいくつも支店がありますからね。
この自宅から通えるか、ひとり暮らしでアパートを借りるかだけで、月々10万円は違ってきます。
1人暮らしだと家賃が4万円、食事代で3万円、水道光熱費、通信費で3万円。

 

これが自宅になると、ほぼ発生しません。
正確には親が負担している事にはなりますが、一人別世帯で発生する費用を考えると、自宅で生活している生活コストのほうが低いでしょうね。

 

この違いだけで、年間に120万円の差が出てきます。

 

でかいですねー。
私の場合はさすがに社会人になってもただで家に住まわしてもらうのは悪いので、親に毎月2万円だけは食費的なことで渡してはいましたが、それでも全然預金は貯まります。

 

では、それ以外に銀行員と今の事務職で違うところがどこかというと、なんといっても『交際費』でしょう。

 

この出費がでかいんです。

 

お客さんとゴルフの接待があるとすると、それだけで1万円前後出費ですね。
さらに、夜の打ち上げまで考えると、1次会、2次回と続けば、飲み代だけでも1万円。
なんと、交際費として1日で2万円ものお金が出ていきます。

 

そして、お客さんとの接待だけならまだしも、銀行員は無駄に支店内の飲み会も多い。
月に2回3回はあるんじゃないですか。
月末は必ず1回ありますからね、それに、急なお付き合いで行く飲み会を合わせると月に2回3回は行ってますよ。

 

1回あたりが3000円程度でも、3回行けば10,000円くらいにはなりますよね。
1次会だけで済めばまだしも、2次会まで行くようになると10,000円では収まりません。

 

この交際費だけを計算してみると、毎月接待ゴルフがあるわけでもありませんが、例えば、月に20,000円交際費として出費があるのであれば、それだけで年間24万円のお金が貯まりますね。

 

最後に、地味な出費が試験の教材費と受験料。

 

銀行ではどこも銀行業務検定協会の試験を受けさせられますよね。
というより、強制的に受けて、受かっていかないと出世に響くようになっています。
この試験を受験する費用や教材費、それに、自主的に勉強する通信教育の教材費などが、それぞれ夏と冬の賞与からゴソッと控除されていました。

 

賞与が支給されていても、そのうち2~3万円は研修費として控除。

 

もちろん、今も勉強しないわけではないのですが、自主的に学習するのと強制的に受けないといけない学習って違うじゃないですか。気持ち的にも。

 

そう言って意味では、この地味な出費が気に食わなかったですね。

 

銀行員として働く上で表面的に気づくのはこれくらい。
ただ、私が密かに気になる出費も。

 

それは、持株会
株式を上場している銀行であれば、行内に持株会があって、毎月給与から持株会の補助を受けながら、自行の株式を積み立てている方も多いですよね。

 

それは、退職するまで十数年積み立てるわけですよ。
考え方によっては、長期間で平均的に取得していくので、悪い購入の仕方ではないのでしょうが、退職する時にたまたまその株式の評価が低い時、すぐに現金化しにくいですよね。

 

すぐに現金が必要なければ、回復するまで持っていればいいのでしょうが、私の場合は、3年で退職して、入行時の株価と比べると、株の評価が半分になってましたからね。

 

もともとたくさん積立をしているわけではなかったのですが、現金化した時はマイナスでしたよ。

 

銀行員であるがゆえに発生する費用って多いですからね。
自分のためにお金をつかうよりも、人に使ってばっかりだったな。