読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

鹿児島県では農地の4割が相続未登記だって

つい先日、祖母の相続で家族間の相続問題が勃発中の我が家。

祖母の相続で不動産登記簿謄本を取得したら実家の登記状況はこんなことに。

法定相続人が少ない内にそれぞれの相続分を確定させておかないと、誰しもが相続問題に関係ないとは言えない話

その中で、農地の話題も出てきていましたが、タイムリーに先日こんな記事が。

P_20160331_214325

 

鹿児島県の4割の農地は相続未登記ですって。

そして、我が家の相続問題に含まれている農地も・・・当然に相続未登記。
まだ、私の祖父の名前のままですもんね。
ただ、固定資産税はちゃんと課税はされています。
そもそも、農地なんで、固定資産税の課税評価額なんて微々たるもんですよ。

そして、内容を読んでいると、どうやら離島や大隅半島はこういった誰が相続しているのかはっきりしていない農地が多いようですね。 

たしかにそうかも。

私もそうだったんですけど、大隅半島に住んでいると『相続』ってことに鈍感です。
大隅半島くくりにしていいかわかりませんが、少なくとも私の周りでは『相続』でどうこうしたって話をあまり聞きませんし、実際に、親族間でも話しにくい雰囲気があるのかもしれません。

できれば、あまり触れずに、もしも利があるような出来事があれば平等に分け合いましょうねって感覚があるのかも。
現に、私の父親と叔母の関係もそうでしたもんね。

基本的に祖母の遺産である農地等を管理していたのは私の父親でしたが、叔母も『もしも畑が高くで売れるような時は分けてね』的なことを話していたようです。

そこは兄妹間の話ですから、関係のない私は口の出しようもないですけど、他人目線で見ていると『イヤイヤ、都合よすぎでしょ』

管理はしてないくせに、おいしいところだけはしっかりもらいますアピールですよ。
この話を聞いてしまったからには、今は関係ない私も、ちょっと首を突っ込まさせてもらおうと。

今は関係なくても、いずれは私にも降りかかる問題にもなるわけですから、ここは相続登記の問題まで一斉に片付けてしまえっていうのが今回の我が家の相続問題。

ただね、祖母が持っていた農地やその他の土地も、現実的に評価はあまり出ないですし、高値で売れるようなことがあるかっていうとほぼ可能性なしですよ。
だから、お金がどうこういう問題ではないんです。

この叔母のおいしいとこだけをいただこうという根性が気に入らなくて

だったら、どっちが管理するかをしっかり線引きしましょうよと。
別に叔母の家族が今後すべて管理をするというのであれば、すべて叔母に渡してもいいだろうと考えてます。
それで、叔母の家族が幸運にも土地を高値で売り抜けれたとしても、私としてはまったく口を挟むつもりもありませんし。

ただただ、責任は持たずに利は持っていこうって人間とはとことんやりあいますよ。

この相続問題のついでにはなってますけど、自分が感じていた感覚と世間の感覚っていうのはそんなにズレがなかったんだなって感じた記事です。

おそらく父親に先日届いていた手紙も、この相続未登記がどれくらいあるのかっていう調査の一環もあったのかもしれませんね。
それと、国が推し進めている農地の集約を図っている件も含めての調査だったんでしょうね。

農地中間管理機構とは?管理ができなくなってきた農地は機構が管理してくれる?