読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

銀行員の仕事は忙しいといえるのか。

銀行員時代を思い出すと、あの時は果たして忙しかったのか。
今の仕事と比べると、確かに忙しかったけどね。

最初に、今の仕事と銀行時代の仕事の違いを比べると、今の仕事は割と仕事の量に対して人が十分すぎるくらい配置されてるから、仕事のボリュームは確かに少なくなっていて、なおかつ一つの仕事をかれこれ10年近くしてきているから、習熟度が上がってくるとさらに仕事のはかどりもよくなってきている。

ただ、今の仕事は銀行にいたときの仕事比べると、『自分で考えて仕組みを作る仕事』が多い。

例えば、毎日決まった仕事のルーチンワークも当然あるけど、突発的な作業だったり、制度が変わった時の社内対応を考えるようなことが多かったりするんで、手を動かすだけでなくどうすればうまくシステムを構築できるか考える時間も多い。
この『仕組みづくりを考える時間』っていうのは、銀行時代にはまずなかった!

busy

 

 

銀行では、銀行の営業店での仕事はほとんどやるべきことが決められていて、事務的なことで自分で仕組みを作るような仕事をすることはまずなかったよね。
事務に関しては決められた手続きにのっとって、それを忠実に実行することが大切で、例外対応といったことはまずない。
それは、事務の仕組みを自体を考えることは本部の機能ってのもあるけど、営業店は事務のことで消耗するよりも、いかに『数字を上げるか』が一番求められるポイントだから、そういった意味ではやることが明確で、仕事としてはきれいに業務が分けられているので、効率的ではあったのかも。

こんな背景を踏まえて銀行員の仕事が忙しかったのかを振り返ると、仕事の量としては決して忙しくなるような量ではないんじゃないかな。
事務的な量でいうと、今の方が圧倒的にこなしている量は多い。

じゃ、どうして銀行員が忙しいイメージになるかというと、やっぱ相手がいるからだよね。
数字を上げるためには、お客さんに好かれないといけないし、嫌な思いをさせるわけにはいかないもんね。
そこに信頼関係を築くには、時間も必要だし、相手に合わせた対応をとっていかないといけないし。
お客さんの為に使う時間がまず多いんだよ。

あとは、体育会系の組織であること
この先輩後輩、上司部下の付き合いも厄介だよね。

先輩にご飯に誘われれば付き合わないといけなかったし、これは上司にしてもそう。
単身赴任できている上司に夕飯を付き合わないといけなかったりしたもんね。
それに、今の職場では年に数回しか部署の飲み会はないけれども、銀行では支店内で毎月月末はもちろん、月のうちに2回3回はざらに飲み会もあったもんね。

今こうして振り返ると、『銀行の仕事』が忙しいというよりも、『銀行の仕事以外』が忙しいんだよ。 

仕事と言われれば、仕事につながるために時間と労力を使っているけど、それが実るかどうかってハッキリとわかるわけじゃないし、ただ都合よく使われるってことも多いからね。

だから、私の先輩だった人もそうなんだけど、この『仕事につなげるための仕事以外の時間』を上手にコントロールしている人は、 成績もよかったし、普段の帰宅時間も早かった。
成績が良かったから帰りやすかったってのもあるんだろうけど、見た目に良い循環ができているのがはっきり見えてた。

ということで、銀行員の仕事は忙しい!
まともに全部こなしていたら、いくら時間があってもさばききれない。

ただ、忙しいんだけど、その直接の仕事時間以外の仕事につなげる時間をいかに制するかでその忙しさも全然変わってくるんじゃないのかな!