読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

感情論は抜きで、お金を稼ぐならこの仕事!

感情論は抜きで読んでくださいね。
そして、私が病院関係者なのも、抜きで。

isi

 

 稼ぎたいっていうと語弊があるけど、人の『不幸』に携わる仕事は安定している。
高所得の代名詞にもなっている医者と弁護士
この職業の共通点は・・・『人の不幸

どちらも、不幸にも病気になったり、もめごとに巻き込まれたり、そんな時に活躍する職業ですよ。
その職業がいずれも高所得の資格商売ですからね。
 
『他人の不幸は蜜の味 』・・・いや、違うか。

医者の場合

医者の所得が新米医師でも1,000万円近い年収で、そこそこの年齢になれば当然のように1,000万は超えます。
中には勤務医でも2,000万円前後、 開業医でうまく稼げれば1億円プレーヤーも全然夢じゃない。
当然、お金のために医者をしているわけではない・・・と信じたいですが、医師という資格さえあれば今の日本ではすぐに高所得者の仲間です。

だからといって、簡単に取得できる資格ではありません。
そこには莫大な教育費がかかる場合もありますし、何より本人の能力が無いと取得できる資格じゃないですからね。
それなら、医師に近い資格を取得したらいいんですよ。

例えば、看護師。
看護師も地方に住んでいると人気の資格です。
それは、安定して就職があるのと比較的所得が高い資格だから。

あとは、薬剤師も一般的には高い給与をもらえる資格ですよね。
それに、理学療法士作業療法士といったセラピスト職。
放射線技師、臨床検査技師といった、資格も地方では比較的所得の高い職業です。

 『人の不幸』に携わることで安定した収入を得ることができます。

続いて、弁護士。

弁護士はね・・・格差が出てきてますよね
昔は私の街にも弁護士事務所って1,2件しかなかった気がしますが。。。最近になってやたら弁護士事務所が増えましたよ。
それに、弁護士事務所がせっせと広告を出すようになったり、特定の分野に集中して稼いでいる弁護士がいたり、昔よりは弁護士資格で稼いでいくのが大変なようになってきているように感じます。

また、弁護士資格は比較的人を使わない商売なんで、すそ野の広がりが無いですね。
必要といえば、事務をしてくれる人が数人いれば、後は人を必要とせずに自分の頭脳で稼ぎ出す商売。

そういった点では、弁護士資格だけが稼ぎやすい業界です。

後は、一番人の不幸に近い、葬儀屋。


最近は特に増えてきましたよね。
人口減少とともに、葬儀屋は増加中。
私の住んでいる近所にも3件くらい葬儀屋ありますよ。
しかも、1つはここ最近開業したばかり。

この葬儀屋は開業するための許可などは特になさそうで、開業届さえ提出すれば開業できるんじゃないかな。
あっ、開業するつもりならちゃんと調べてくださいね。

そういう規制が無い分、これからも続々と増えてくると1件当たりの売り上げ自体は横ばいだったり、減少したりするかもしれませんが、業界全体で見るときっと右肩上がりですよね。
地域に根付いて展開する業態なので、うまくその地域で一定のシェアを確保できれば、安定した経営もできるのではないでしょうか。 

人の不幸とお金の問題は、表立っては結び付けにくい話ですけど、実は世の中のどんなことよりも結びつきは太いよね。