読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

大企業に就職しても職を失うリスクが有るのなら、もっとリスクを減らす方法を考える

シャープにしろ東芝にしろ、日本を代表する大企業なのに揉めてますねー。
これまでなら、大学を卒業して、シャープ、東芝といった大企業に就職できたら親も一安心、本人の将来も安泰だ!なんてイメージが有りますけど、今やどんな大企業でも経営不振に陥ることを考えると大企業でも中小企業でも職を失うリスクってそんなに変わらないんじゃない。

さすがに、『体力』という面であれば、経営不振に陥っても立ち直る余力を持っているのは大企業なんでしょうが、その過程でリストラに合ったり、早期退職を求めたりされれば企業は立ち直ったとしても、個人として職を失えば会社が立ち直るのも倒産するのも関係ないですもんね。 

そんな労働環境の不安定な時代を生き抜くための失職リスクを免れるにはどうしたらいいだろう。

そう考えると、『収入源の分散』これしかない!
 

risukukaihi



 

例えば、こうしてブログやサイトを運営して広告収入やアフィリエイト収入を得る方法も一つの収入分散だし、アパートやマンションを経営して不動産所得を得る、特技があれば、その特技で収入を得る、余裕のある貯蓄があれば、その貯蓄の一部で金融商品の売買をしてみる。

どれか一つの収入源で飛び抜けて稼ぐのではなく、広く薄く収入を集めるほうがより収入源を失うリスクは分散できるよね。
ただし、収入源を増やすのは『副業禁止』のリスクもそこにあったりして、大企業ほど『副業禁止』っていうような会社が多いんじゃないかな。

ということはだよ、大企業に勤めているととにかくその会社で働くことが最優先で一日の時間のほぼすべてをその会社のために使っている。
だけど、いざ経営不振になった時に、どれだけ社員のことを守ってくれるかなんてはっきりしてないわけで、会社を守るために、それまで会社のためだけに一生懸命働いてくれた社員をあっさりとリストラすることも当然あるよね。 

副業禁止だから脇目もふらずにその会社に尽くしてきたのに、いざ経営が傾いてくると、なんのリスク回避を取っていない会社員はポーンと企業から出されてしまって、その日からお金の収入源はいきなりゼロに。

一方で、割りと時間に余裕があったり、副業禁止っていうような規則が厳しくないような中小企業に勤めていると、その点はしっかり失業時のリスク回避ができるよね。
空いた時間に自分ができる副業を始めれば、いきなり会社からリストラされても、会社が倒産することになっても収入がゼロになることは防ぐことができる。
むしろ、そうなった時は開き直って、副業を本業にして本気で取り組むことさえもできそう。

こう考えると、大企業で仕事ばかりしている人のほうが、最悪の事態に備えることできてないよね。
失業時のリスク高いよね。

40代、50代で失業しようものなら、なかなか見つからないでしょ、次の就職先も。
その点、しっかりと収入を分散できていた人は、いきなり収入ゼロなんてことはないよ。
ちょっとでもいいから収入がある方が、本当に収入がゼロになる恐ろしさを考えると遥かにマシ。 

最近は、労働力の流動化が進んできていたり、副業を認める大企業も少しづつ増えてきているのを見ると、これからは『本業+副業』っていう働き方も一般的なものになってくるんじゃないかな。
そもそも、パソコン一台あれば、その日のうちから副業の第一歩を踏み出すことも簡単な時代になっているし。

今取り組んでいる本業を一生懸命に忠誠を尽くして頑張ることはもちろん大事だけど、じゃ、その仕事を失うようなリスクがないのか、失った時にどうやって収入を得ていくのか、そんなことを真剣に考える時間も大事だよね。