読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

祖母の相続で不動産登記簿謄本を取得したら実家の登記状況はこんなことに。

先日、祖母の相続問題を解決すべく、早速祖母の不動産状況を確認する為に不動産登記簿謄本を取得してきました。
すると、これまで小難しい話には無関心だった様子がわかる状況が不動産登記簿上にも感じ取れることがありました。

それは、祖母の住んでいた建物は未登記物件
しかも、今は存在していない建物が祖母の住んでいた建物のある土地に3件も登記上は残っている様子

souzokujoukyou

 わかりやすくするために図面を作ってみました。

 

土地自体は一体として利用していたのですが、登記上は上の図のように名義は分かれています。
そして、祖母の関係の登記簿謄本を取得したのでわかったのですが、祖母名義の土地の広さは約240㎡。
そこに今46㎡の建物(未登記)が残っています。
そして、登記簿上では、その土地の上にさらに34㎡の建物が1件。
100㎡の建物が1件、85㎡の建物が1件と全部の建物の広さを合計すると土地の広さを超える建物が残っているようです。笑

最初、祖母の建物が登記されているという思い込みで謄本の取得に行きましたからね。
だけど、法務局の方が言うには祖母の土地の上に3件建物が残っていると。
じゃ、祖母名義の建物を出力してくれと伝えると、祖母の名義が無い。。。
代わりに、苗字は同じなんですけど、聞いたこともない人の名前が出てくるじゃないですか。
おそらく、昔々のご先祖様の建物がそのまま登記上残ったままだったんだろうね。

建物の構造が、『木造草葺平屋建』ですよ!
草葺って初めて見ました。
ってか、土地の上に登記上は3件建物が残っているのも初めての経験。

とりあえず、その謄本を取得しないと意味が分からないので、すべて取得したことで整理ができてきましたけど。

そして、あとの不動産もかなり昔に亡くなった祖父名義のままでしたよ。
すでに30年以上経過しているのに、そのままの名義で。

ひとまず、ここまで不動産の状況はつかめましたので、次は父と叔母との話し合いでどちらがどの不動産を相続するかですよね。
この意思決定がまず一番大事なポイントです。

そして、その意思決定ができ次第、名義を変更していかないといけませんが・・・今回はあえて自分でやってみようかと思ってます。
通常は司法書士さんに依頼して、ちゃちゃっと司法書士さんが名義の変更などしてくれますが、勉強がてら自分でしてみようかなって。

さっくりと必要な書類を調べたんですけど。

必要書類一覧

  • 相続対象の不動産登記事項証明書
  • 被相続人の住民票除票
  • 被相続人の死亡時から出生時までの戸籍謄本
  • 相続人全員分の戸籍謄本
  • 遺産分割協議書
  • 相続人全員分の印鑑証明書
  • 相続人の住民票
  • 対象物件の固定資産評価証明書

 自分で準備できるものです。

これに、法務局へ申請する申請書を添付すればなんとかできそうな気が・・・。

そして、自分でする一番のメリットが、司法書士費用がかからない。
通常は6〜7万円程度司法書士の報酬として発生するようなので、その分を自分で手続きとれば、それぞれの証明書類を準備する費用と、登録免許税くらいのもんですよね。

6万円程度考えていれば手続きできそう。 

取得する場所は。

  • 不動産登記事項証明書→法務局
  • 被相続人の住民票除票→市役所
  • 被相続人の戸籍謄本→市役所
  • 相続人の戸籍謄本→市役所
  • 相続人の印鑑証明書→市役所
  • 相続人の住民票→市役所
  • 相続人の印鑑証明書→市役所
  • 遺産分割協議書→自分たちでひな形を参考に作成 


自分で集められそうでしょ。 

事前に法務局へ相談に行ってから進めた方がよいそうなので、自分でやってみます。
また、うまくいったときはここで報告しますので、お楽しみに。