読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

我が家は結婚式も披露宴もしてない、いわゆる『ナシ婚』。『ナシ婚』のススメ

我が家は俗にいう『ナシ婚』です。

『ナシ婚』とは、入籍だけして披露宴などをしない結婚形態ですね。

厚生労働省のデータから見ると、ここ最近入籍する夫婦の半数近くは『ナシ婚』らしいので、割と一般的にもなってきてます。

で、実際に『ナシ婚』状態になっている我が家が考えた、『ナシ婚』のススメ

nasikon

 

 

夫婦生活のスタートとして、披露宴費用の負担は大きすぎる。

披露宴を行うのにいったいどのくらいお金がかかるのか。
結婚といえば『ゼクシィ』の調べによると、全国平均では333.7万円
私が知り合いから聞いた話では300万円程度が多いので、私の住んでいる地域では300万円程度が相場になるんでしょうね。

では、披露宴参加者から一人当たりいくらお祝儀としていただけるか。

このあたりの相場だと友人くらいの関係であれば、2万円が相場です。
一般的な参加者数は80〜100名程度になるので、披露宴費用とお祝儀の差額は・・・。
マイナス100万円〜マイナス120万円。

夫婦生活のスタートに、のっけからこの負担額は大きいですよね。

しかも、夫婦生活はその準備にもお金がかかります
どちらかの実家に同居するのであればともかく、夫婦として新たな世帯を設けるにはとにかくお金がかかります。
私も生活準備資金として100万円近く使いました。

マンションの入居費用として25万円。
その他家電、家具の費用で40万円。
結婚指輪に20万円。
その他諸経費5万円。

結婚指輪は生活用のお金ではないですけど、それを抜いても生活準備に70万円使ってます。

披露宴費用と生活準備の金額をすべて合計すると、軽く200万円前後のお金を夫婦生活のスタートに使うことになりますよね。 

次に、入籍に合わせて披露宴をする決まりはない。

だいたい入籍に合わせて披露宴と結婚式をしますが、入籍した流れで披露宴や結婚式をするきまりなんてないです。
自分たちのタイミングでいいんですよ

そろそろ生活に余裕が出てきたし結婚式くらい挙げようかなとか、子供と一緒に結婚式挙げてみたいねとか。
我が家も披露宴まではしないかもしれませんが、結婚式はそのうち挙げたいと話はしています。

よく、入籍の勢いで披露宴結婚式までした方が、夫婦の最初の共同作業として結束が強まるとか、結婚式や披露宴をした方がその時の大変さや招待した人たちのことを考えて離婚率が下がるだなんて言いますが、 そんなこと気にすることないですよ。
我が家もいろいろあったりしますが、今のところ仲良くやってますし。
価値観があっていれば、そうそう離婚危機というのもないような気はします。 

これまで『ナシ婚』のススメを説いてますが、『だがしかし』です。

だがしかし、職場によってはどうしても披露宴、結婚式を挙げないといけない場合もあります。
私も、今でも銀行に勤めていたら披露宴を上げていたことでしょう。
どうも銀行は組織として古い?体育会系だから?銀行員はほぼ披露宴と結婚式を挙げます。
私が在籍していた時期に入籍していった先輩たちは必ず両方してましたよね。
おそらくその流れでせざるを得なかったと思います。

そういう組織に所属しているのであれば、するっきゃない。

私の場合は、私の職場も嫁の職場も特にそういう『必ず』式を挙げるような雰囲気もなかったので自分たちの考えだけでこれまでやってきましたけど、そこは組織の雰囲気と自分たちの考え方の中で調整するしかないですね。

結婚式も披露宴もどちらかといえば、女性が主役になる式ですから、そこは女性の意見を尊重しないといけないと思いますし、お金のことだけで式を『する』『しない』なんて言えないんですけど、『ナシ婚』の良さを考えるとこんな感じ。