いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

2015年国勢調査の鹿児島県内速報値を見て考えること

昨年実施された国勢調査の速報値が出てましたね。
当然ながら、日本全体の人口は5年前と比べて減少しているようで、日本全体では約94万人減少していただとか。
これって、全体で94万人減少しているから、人が少なくなったっていう感じは受けにくいですけど、人数だけで見ると、北九州市(約 96万人)に匹敵する人数ですよ。

北九州市って政令指定都市でしょ。
そんな街がまるまる一つなくなるくらいの人がこの日本からいなくなっているだなんて、ビックリです。

gensyou

(出典)総務省国勢調査」及び「人口推計」、国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成24年1月推計):出生中位・死亡中位推計」(各年10月1日現在人口)、厚生労働省「人口動態統計」

 

そして、鹿児島県では5年前に比べて約5万7000人減少の全体で約164万8000人
170万人いないんですねー。
5万7000人の人がいなくなったってことは、鹿屋市の人口の半分がいなくなったってことか。

これも鹿児島県全体で減少しているからまだ実感はしないかもしれないですけど・・・身近な数字に変えていくと事の深刻さが伝わります。

では、気になる大隅半島地域の人口推移が以下の通り。

  • 鹿屋市 105,070人 → 103,662人 1.3%減少
  • 垂水市 17,248人 → 15,524人 10.0%減少
  • 曽於市 39,221人 → 36,570人 6.8% 減少
  • 志布志市 33,034人 → 31,490人 4.7%減少
  • 大崎町 14,215人 → 13,248人 6.8%減少
  • 東串良町 6,802人 → 6,538人 3.9%減少
  • 錦江町 8,987人 → 7,920人 11.9%減少
  • 南大隅町 8,815人 → 7,545人 14.4%減少
  • 肝付町 17,160人 → 15,669人 8.7%減少


いや〜大隅半島から人が消えていってますよー。

ただ、特徴がありますよね。
鹿児島市霧島市にも同じような特徴があるんですけど、それぞれの地域の拠点都市の人口減少は1%台なんですよ。
つまり、拠点都市の周辺地域から拠点都市に人口が流れているので、拠点都市の人口減少が低く抑えられている。

ただ、周辺地域は人口流入もなく、出産などの人口増加要因も少ないので、周辺地域の人口減少が著しく高い割合で減少している。

錦江町南大隅町の減少割合なんて10%を軽く超えちゃってます。
県内でもトップクラスの減少率ではありますが、これが今後も続くとすると想像するだけでも恐ろしいことですよ。
街に人がいなくなるんですから。

そして、各拠点都市も油断できないですよね。
周辺地域の人口が減少すれば、これまで流入してきていた人数も自然に減少していきます。
今は1%台の減少割合でも、この割合は年々増加していくことは間違いないでしょう。

また、地域の拠点都市でも、今度はその県の県庁所在地や拠点都市、鹿児島県であれば鹿児島市に人口が集中してきて、さらには、その地方の拠点都市、九州でいえば福岡市に人口が集中していく。

これを示すすように、九州内の県庁所在地、いわゆる拠点都市の人口は減少しているにも関わらず、福岡市の人口は増加している様子。
かつては100万人都市だった北九州市でさえ、すでに96万人台まで人口が減少していますから、どんどん福岡市に人口が流れていってますよね。 

じゃ、こんな状況でいかにして、地方の人口減少割合を減らすか、または、逆回転の歯車を回していくかが地方創生ですよ。 

最近は地方創生もトーンが下がってきてる感じするじゃないですか。
経済的にも落ち込みが見られたり、政治的にもいろいろあったりするようで、なかなか地方創生というところに力を入れにくくなってきたのか。

また5年後の国勢調査の時、いったいどういう数字になっているんでしょうねー。