いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

銀行員の転職先は『事務系』や『公務員』ばかりではない。今の職種や業種にこだわらず、視野を広く持とう。

jimu

銀行員の転職先って真っ先に思いつくのが『事務系』や『公務員』だったりするんだけど、それって、あまりにも選択肢が狭すぎるなって感じたので、今私が感じていることを書いていきます。

 

まずは、銀行員に限らず転職って、私の中では2つに分かれます。
それは、ポジティブ転職ネガティブ転職

 

ポジティブ転職とは、『俺はもっと刺激的な環境に身をおきたいから、もっと大きいことができる会社に転職する。他にやりたいことを見つけたんだ』って人の転職はポジティブ転職。
反対に、ネガティブ転職とは『安定や収入の高さに憧れて銀行に入ったけど、現実問題として、仕事についていけない。ストレスが掛かる環境に身を置きたくないから転職する』
こういう理由であればネガティブ転職。

 

前向きなのか、後ろ向きなのかの違いだね。

 

だいたい銀行から転職する理由なんてネガティブな理由で転職する人のほうが多いと思っているのは、私がネガティブな理由で転職したってこともあるかもしれませんが、そんな私のような人間が転職する先は事務系の仕事が多いんですよね。

 

なぜ事務系の仕事を選ぶかというと、想像つくかもしれませんが『ノルマ』がない世界に憧れるので。
銀行員として仕事をしていると、この『ノルマ』には本当に辟易します。

 

次に、銀行にいると事務はできて当たり前っていう感覚があるので、『事務くらいなら』できるだろうという根拠の無い理由から事務系を転職先として選択します。

 

ただし、実際に事務の仕事に就くとパソコンが全然できないことに気付かされたり、意外と神経使うようなことも多いんだなってことばかりです。
特に、銀行員時代に学んだことで今の仕事に役立っていることって、なんだろ。
不動産登記簿謄本の見方がわかる、決算書の見方がわかる、そのくらいか。

とにかく、最初はこの『ノルマの無い世界』と『事務くらいなら』って気持ちが先走るので事務系の仕事に興味が向かうんですね。

 

その代表格が『公務員』ですよ。
公務員のイメージって決まったことを決まったようにすれば、地方では銀行員並みの給料をもらえて、安定もしているというイメージがありますからね。
それに、今まで銀行員だったプライドの高さをにわかに公務員になることで守ろうとしている感じがにじみ出ていませんか。 

 

ただ、最近では公務員も部署によって忙しさも異なりますし、人員の削減で一人あたりの業務量が相当に増えてきているという話も聞いたりしていますので、我々が勝手に妄想している世界ではないのかもしれませんが、それでも給与や福利厚生に関しては地方では飛び抜けて恵まれている方です。

 

そんなことで、根性のある銀行員は仕事しながら公務員の勉強をして、いつかこの『ノルマ』に追われる世界から、『ノルマ』の無い世界へ旅立てる事を夢見ながら頑張っている人もいるんですよね。
 
実際に『銀行員 公務員』って検索すると、銀行員から公務員になりたいって人もいますし、しっかり銀行員から公務員になれた人もいるようなので、銀行員の転職先としては一番理想なのかもしれません。
私もなれるものならなりたかったですし・・・。

 

だけど、そんな転職先について、今感じていることが『転職先を選ぶ視野が狭かったんじゃないか』ってこと。
今が不満なく仕事ができているので私は結果オーライではあるんですけど、よくよく考えてみると新卒で銀行に就職して3年で転職するくらいだから、ほぼ新卒と変わらないんですよ。

 

多少決算書の見方がわかったり、企業や不動産評価の仕方がわかりだしたりしているくらいのレベルで、一人前の銀行員かといえば全然半人前にもなっていないくらい。 
それなら、今やっている業種や職種に縛られること無かったんじゃないかなって。

 

とりあえず『ノルマ』に縛られたくないって理由を一番に掲げた時に、『ノルマ』に縛られない仕事って事務だけじゃないですよね。
例えば、私が病院にいるので、病院の医療職もそうです。
医療職には基本的には『ノルマ』ありませんよ。

病院の経営で考えると、大事にしないといけない数字はありますが、それは個人で達成する数字ではなく、病院全体で達成する数字になるので、個人プレーの銀行ほどのプレッシャーを浴びることはありません。

でも、医療人には資格が必要ですよね。
今から医療系の資格取るの面倒だな、そもそも取れるのかな、お金かかるのかな、とか思ったりしますか?
もちろん、勉強をやり直さないといけなかったり、苦労はしますが、うまく制度を使えば、お金をもらいながら通学して看護師資格を取得することは可能です。

以前このブログでも紹介した『看護師になりたい?それなら、奨学金制度を利用すると学費負担が大幅に減るよ』を見てもらえばわかります。

例えば、看護師の資格を取得するまでを参考にすると、新卒で3年目に退職するとすれば、年齢は25歳です。
そこから看護専門学校に入学して、3年間通学は必要ですがこの期間を奨学金をもらいながら通学をして、問題なく進級できれば看護師資格を取得する時の年齢は28歳。
まだまだ全然やり直せる年齢じゃないですか。

実際に、看護師やリハビリ系の資格(理学療法士作業療法士等)の資格者にはもともと一般の企業で働いていたけど、退職後に専門学校に通学して、現在は病院で働いている人珍しくありません
結構在籍してます。 

これだけ話をしていると医療職になるのを進めているような感じですが、伝えたい事は『3年目以内で退職するならもっと可能性を広げてもいいんじゃないの』ってこと。
転職する際には『給与』と『業務量』のバランスなんかも気になったりするところではありますが、銀行員していると確かに一定の役職まで出世できれば給与も良いですが、圧倒的に業務量やストレスの方が多いですよ。

看護師も忙しい職種でストレスも溜まると言われていますが、私が見る限りでは、銀行員ほどではないです。
銀行員として耐えてきたことを思えば、世の中の多くの仕事には耐えることができます。

せっかく若いうちに銀行員として転職活動をするのであれば、事務や公務員を目指すばかりではなくゼロベースで可能性を広げた転職を考えてみてはどうでしょうか。

その中でどうしても公務員になりたいんだとか、事務の仕事がしたいんだっていうのであればそれでいいんですけど、本当はもっとできることあるんですよ。若いうちは!
 
もしも視野が狭くなって公務員や事務系の仕事を探しているのであれば、それはもったいないことです。