読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

住宅建築を考えているならまずコレ!!住宅建築の建設費用と土地取得費用を想定してライフプランニングに反映しよう

tower

本日は、住宅金融支援機構の統計データを調べた本来の目的に戻って、購入した住宅ごとの平均建築費用を一覧にしてみました。

 

宅建築費用は人生の三大出費の一つに入るくらいに、ライフプランに大きな影響を与える出費の一つなので、住宅建築費用を把握することは資産運用に必ず必要です。

 

そこで、住宅タイプごとに建築費用まとめましたよ。

 

あくまで、住宅金融支援機構のフラット35を利用した方に絞った平均金額になりますが、住宅建築費用をつかむには十分参考にできる数字です。

 

  • 住宅別住宅購入費用一覧

 

juutakuhiyou
さすがに、首都圏の住宅価格は頭一つ抜き出てる高さですよね。

 

マンションと土地付き注文住宅は4,000万円超えですもん。

ただ、注目して欲しいのは、注文住宅の価格はそこまで大きな開きがない。
土地付注文住宅に至っては、建築費だけを見ると首都圏の建築費が比較の中では一番価格が低いですね。
これは、建築した住宅の広さも影響しているんでしょうが、意外な数字です。

 

それ以外の住宅は、やはり首都圏が圧倒的に高額になってますよね。
マンションなんて首都圏のマンション価格は地方と比較すると1,400万円は違います。

 

これも、首都圏では1戸1億を超えるような高額のタワーマンションがすぐに完売になったといった景気の良い話をテレビのニュースで見たりしますが、私が住んでいる大隅半島ではマンションを購入してマンションに住むという感覚が一般的ではありません。
一部では、『タワマン節税』という相続時の節税対策として購入しているような話もありますが、大隅半島ではそもそもマンションの販売自体がほとんどありません。
全然ないことはないですが、マンションを購入するのはかなり少数派で、多くの住宅購入者は土地を購入してそこに住宅を建築するのが一般的なんですよ。

 

だから、マンションに住むのに4,000万円以上の購入資金が必要という感覚がわかりにくい。

 

もしも大隅半島で4,000万円の住宅購入資金を調達するのであれば、一軒家でなかなか良い納得の一軒家を建てることができます。

 

結局、この表を見ると土地の価格の高さが住宅資金にかなり影響してますよね。
『土地付注文住宅』の土地取得費を見ると、首都圏で2,044万円、その他地域で831万円。
土地だけで1,200万円の差があります。
 
きっと、大隅半島であればこの差がもっと広がりますよね。
鹿屋市の住宅地であれば、100坪の広さで500万円~800万円程度が一般的で、1,000万円もする土地であれば鹿屋市の中では1等地の住宅地区に土地を購入できるくらいの土地購入費です。
大隅半島って土地が安いでしょ?
いくらでも土地があるからね。

 

そんなことで、資産運用のために住宅費用がどのくらいかかるかを掴むために、上記の表を参考にしてみてください。
あとは、住んでいる地域の状況によって多少金額を修正してもらえれば、ライフプランを作成する上で住宅資金の参考金額としては問題ないです。

レッツ!ライフプラン!!