読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

【保存版】教育費以外にも子育てにはお金がかかる!子育てにかかる費用をまとめたよ(教育費以外の費用)

前回の子供にかかる教育費用に続いて、今回は子育てにかかる費用の中で、『教育費以外にかかる子育て費用』です。

前回は『教育費』に絞ってましたが、子供にかかる費用は教育費だけではありませんね。

『これからの資産運用で重要なことは大きな出費の総額を知ること。子供の教育費から計算してみよう。』

子供の成長のために食費もかかります、大きくなるに連れて子供同士のお付き合いも増え、お小遣いがほしいという年頃にもなります。
そんな子供にかかる日常的な費用をまとめました。

ちなみに、子供にかかる費用は内閣府が未就学児~中学生までの費用を調査していたので、そのデータを表にしてみました。

  •  子供にかかる費用(年間支出額)

kosodatehiyou1

教育費以外でも年間に70万以上から出費がありますね。
年代に応じて食費の増加が顕著であること、中学生以上になると携帯電話の費用が増えていく点、またお小遣いも年代ごとに増加していってます。
では、次に各年代の費用をその期間に応じて集計しました。

  •  子供にかかる費用(年代支出額累計)
kosodatehiyou2

保育、幼稚園児は6年、小学生期間が6年、中学生期間が3年で計算をしています。
つまり、生まれてから中学卒業までに約1,245万円が日常費用として発生します。
ここに、高校生の費用を追加すると、内閣府の統計には高校生の費用が調査されていませんでしたが、おそらく、中学生と大きく変わらないと想定して、1,245万円+292.5万円=1,537万円。

高校生までに1,537万円が教育費に追加で必要ですね。

では、大学に進学するとどうなるか?
これは、自宅から通うのと自宅から離れて通うので大きく異なりますが、私の経験上では自分でアパートを借りて通学する場合には月8万~10万の仕送りをしてもらって生活出来てました。
年間で約100万円程度ですね。
これだけ仕送りをしてもらえれば、バイトをしないでも生活していけます。
ただ、私は地方大学だったのでこれでなんとかなったのでしょうが、家賃が高い都市部に行くと1.2~1.5倍程度の金額で想定しおいたほうが良いでしょうね。

この大学時代を想定した時に、1,537万円+400万円=1,937万円。
22歳までの子育てを考えると、子供にかかる教育費以外に約2,000万円+αかかる計算になります。

では、前回紹介した教育費とそれ以外の日常費用を合計した時に、子育てにかかる費用はいくらになるかというと。

教育費の平均的な費用が1,600万~1,800万円。
これに、今回集計をした日常費用を追加すると、 1,600万+2,000万円=3,600万円。

わお、3,000万円超えちゃいました。

子供が生まれて、その時から22歳まで子供を育てるとすると、その時点で少なくとも3,600万円の子育て費用が発生します。
 
まー、子育て費用の掛け方は人それぞれではありますが、設定としてこのくらいの教育費を想定しておいたほうが安心できるでしょうね。
もしも、高校卒業まで、中学卒業までって割り切っていれば、この半分の教育費で済むこともありますし、反対に大学院まで行くとなると、追加で数百万考えないといけいないこともあります。 

ただ、今回は将来的な資産運用を一般的に考える上で子育て費用を想定してますので、教育費の掛け方はその都度調整をしてみましょう。