いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

【保存版】子供にかかる教育費のトータルは?3大出費の教育費の総額から計算してみよう。

もともとファイナンシャルプランニング2級資格を取得したりしていたので資産運用に興味はあったんですが、実際に自分の資産運用をしっかりと考えたことがなかったので、私のこれからの資産運用計画を考えてみました。
といっても、いきなり資産計画を作成することもできないので、まずはこれからの人生で大きな出費になる費用(教育資金、住宅資金、老後資金)の中から、子供の教育資金についてその出費総額を把握します。

子供の教育費用についてはいろんなサイトで教育費用の総額が公表されているんですが、私は文部科学省が公表しているデータより、幼稚園から大学までの教育費用を表にしてみました。
この表を見てもらえば、私だけではなく、このサイトを訪れてくれた皆さんにもおおまかな教育費用を把握してもらえることができます。

 

まずは、幼稚園から中学までの教育費用の一覧。

注:画像中で単位が『百万』になってますが、『万円』です。
申し訳ありません。m(_ _)m

  • 教育費年間支出額(幼稚園から高校まで)
kyouikuhi1

 
データは平成24年度ですが、毎年大きな変化はないので、おおよその金額をつかむのであれば、この表で教育費はつかめます。
上記表は年間の支出額なので、これを在籍期間でまとめたのが次の資料。

  • 在籍期間の教育費総額(幼稚園から高校まで)
kyouikuhi2

 
一番教育費をかけたくないのであれば、すべて公立で進学していくと、教育費の総額は約504万円
ということは、もしものことがあっても、今現在500万円の貯蓄があるのであれば子供の進学はなんとかなりそうですね。
ただし、一番教育費がかかるオール私立を考えているのであれば、約1,677万円
小学校、中学校から私立に行くのは田舎の方では一般的ではないので、都心部で教育に力を入れているような家庭であれば、高校までに1,600万円以上の教育費がかかることを念頭に入れておいたほうが良いですね。

そして、現在では半数の人が進学すると言われる大学ですが、こちらも大学費用を表にしました。
私立大学であれば大学の事情で教育費も大きく変わることもありますが、平均値としてまとめてあります。

  • 大学進学時の年間支出額(初年度納付額)
kyouikuhi3

 
やはり医師学系の私立大学は教育費かかりますね。

これを在籍期間で集計をしました。
(医歯学系は6年間、それ以外の学部は4年間)

  • 大学進学時の在籍期間支出額
kyouikuhi4

 
やはり、医歯学部系になると大学在籍期間だけで2,000万円超えです。
それ以外の学部でも、私立大学に進学すると年間平均で100万円以上の支出となりますね。

ただ、私立の医歯学部系であれば、年間1,000万円かかる大学もあるという情報もあるので、私立で医歯学系に行けるような家庭もかなり限られそうですね。

ここまでで教育費についてはどのコースをたどるかでつかみがでますね。
幼稚園から大学までで一番教育費がかからないコースだと、約1,493万円
一番教育費がかかるコースだと、オール私立の医歯学系で約3,957万円。
ただし、医歯学系に関しては+1,000万円~2,000万円程度で考えておかないと、上限は大きく変わることでしょう。

一般的な幼稚園から大学の進学で教育費を考えると、平均値として約1,600万円~1,800万円で教育費を考えておけば、子供の教育費については問題ないと言えそうです。 

ただし、今回の集計は『教育費』だけですからね。
実際に子供にかかる費用は、おこずかい、衣食住費用、その他臨時的費用も発生します。
そうなると・・・また次回。