いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

このブログをわくわくする広場にしていきたい。これからのブログ展開を考える上で、ブログを広場に置き換えてみた。

park
この弱小ブログの私が、ブログについて語るなんておこがましいですが、本日は語らせてもらいます!
ちょっと思いついた事を記録しておきたいというのもあるので。

ブログとは・・・ヨーロッパの広場。

ブログで何をしていきたいかという目的は人それぞれですが、共通することは・・・『人を呼ぶこと』。
自分の趣味や主張、調べたことを世界とつながるネット上に公開しているわけですから、私はただネット上に載せているだけで、アクセスなんて気にしてないよって人でも、オープンな空間に自分の記録を開示しているわけなので、多少なり人が来ることに喜びを感じているはず。

じゃなきゃ、わざわざネット上に公開する必要ないですから。

では、どうしてヨーロッパの広場かというと、ヨーロッパって広場を中心に街が作られてますよね。
コミュニティや文化、市場の中心であったり日本の感覚とちょっと違うなという印象があります。

例えば、私のブログなんて小さい広場ですよ。
1日に十数人くらいしか訪れない小さい小さい広場です。
そんな広場に広告掲示場所置いて、広告料収入を狙おうだなんて、誰が見るんだよって話ですよね。
ただ、この広場の管理人は、ちょっとでもたくさんの人に訪問して欲しいので、毎日毎日ちょっとずつですが、広場の手入れをしていっているようなイメージです。

そして、広場に繋がる道路を増やすためにtwitterfacebookといったツールも利用しますが、この道路も細い状態で、なかなか人が訪れてくれるもんじゃないです。
まだ、車さえ通れないような狭さかもしれません。
いや、人が通るのさえもギリギリかも・・・。
そんなことで、広場の改修と同時に道路もせっせと拡張中。
自分の力だけが頼りです。
今まさにこんな状態。
そんな時期尚早に広告掲示板なんて置いているのもただの気休め程度。

一方で、すでに多くのアクセスを集められるブログなんて、まさにヨーロッパの広場でしょうね。
そこに来れば何かがあるって広場です。

ある有名人が管理している広場であれば、その有名人に関わりたくて訪問する人もいれば、自分にない価値観を求めてその広場に行く人もいるでしょう。
また、何かに関しての情報が欲しい時に、その情報が集まる広場へ訪問する人もいることでしょう。
このレベルの広場になればまさに広場の価値はウナギ登りです。

広告掲示板を置けば、高い広告料でも広告を載せたいという人はたくさんいますよね。
物を売りたければ、たくさんの人が商品を見て購入してくれるでしょう。
さらに、今まで自分で広場を拡張していったのが、今度は訪問してくれた人たちが勝手に広場を拡張していって、さらに人の集まる広場へと変化させてくれるでしょう。
その広場に繋がる道路だって自然と拡張され続けていきます。

こんな風に『ブログ=広場』と考えると、今自分が何をするべきか、今後どうするべきかが整理しやすい気がします。

このブログがいつまで続いて今後どうしていくのかまったく無計画だったんですけど、現実世界のモノに置き換えた時、『そういうことだよな~』って感じたことをまとめてみました。

例えるものなんてなんでもいいんですよ。
自分がイメージしやすければ。
ネット上のモノは形がないからイメージしにくいですよね。

めざせヨーロッパの広場!!です!!!