いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

先週の銀行金利戦争の結果をそれぞれの銀行に回答した結果の反応は両極端

kinri2

先週のドタバタ劇の続きで、本日、銀行金利戦争に終止符を打ってきました。
メインバンクさん・・・ごめんなさいね。
他行さん・・・よかったね。

本日、出勤後に上層部へ確認し、代表へも今回の調達先について最終確認。
条件面では他行が良かったので、スムーズに了承を得て、いよいよ回答の電話をしました。

最初はメインバンクの方です。
お断りをする電話です。

その前に、朝から担当より電話も来てたんですよ。
よっぽど気になっていたんでしょうね。
ただ、その時はまだ代表者に確認をしていなかったので回答ができず、携帯電話を持って待ってたんじゃないかってくらい携帯電話にはすぐ出てくれましたよ。

そこでお断りを伝えました。

『今回は・・・他行で調達することで決定しました。今回は他行での調達ですが、また来年は今回同様に提案をいただく予定ですので、またよろしくお願いします』とね。

とてもシンプルに回答しました。
すると。。。担当者の声のトーンが一気に下がりましたよ!!
私もメインバンクには若干のイライラ感を持ちつつも、鬼じゃないんでね。
そんなに暗いトーンになっちゃうと、ものすごく悪いことした気分になっちゃいますよ。

まー、今回のダメージは金額だけじゃないでしょうね。
これまでメインバンクの借入金しかなかったところに、その借入残高を超える借入金を他行から調達するわけですし、おそらく、本部とも慌てて稟議を通したからバチバチとやりあったことでしょう。
そんなこともあってのお断り回答ですからね、そりゃー月曜日から精神的ダメージ半端なかったことでしょう。

ひとまず、こんな感じにメインバンクにはお断りの回答を済ませました。

続いて、他行への連絡です。
こちらは気楽に電話できますよね。

早速、連絡するといつものように電話に出てもらい、今回の調達をお願いすることを伝えました。

まー新規先融資ですからね。
声の調子も良かったですよー。
私がいたころも新規先融資は重点項目でしたから。

今回の銀行調達ミッションがひとまず完了したことにはほっとするんですけど、この回答する時が、毎回それぞれの反応に複雑な気分になっちゃいますよね。

次回は夏頃に案件があるので、その際にはマイナス金利も影響してさらなる金利競争があるかもしれません。